SHIINBLOG

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

歌い手魂

歌い手魂其の百十七・Lionel Richie

前回Diana Rossとのデュエット曲を紹介したので、 今回は元『The Commodores』のLionel Richie。 シンガーソングライターとしてだけではなく、作詞・作曲、 音楽プロデューサーとしても多才なアーティストです。 最初に思い出すのは“Hello”です。 Hello by L…

歌い手魂其の百十六・Diana Ross(The Supremes)

『キャデラック・レコード』の流れからEtta Jamesを紹介したので、 今回は『ドリームガールズ』の流れから「モータウンの女王」Diana Rossを。 『ドリームガールズ』は元々Diana Rossが所属していた 『The Supremes』をモデルに描かれていると言います。 Dia…

歌い手魂其の百十五・Etta James

前回紹介したBeyonceが、『キャデラック・レコード』で演じた 伝説的なブルースシンガー、Etta James。 最初に彼女を聴き出したきっかけはおぼろですが、 ブートDVDを買ってまで観ていました。 その時のパワフルな印象が今も残っています。 やっぱり“At Last…

歌い手魂其の百十四・Beyoncé(Destiny's Child)

先週の「音楽映画」で連続して主演の映画を紹介したので、 今回は『Destiny's Child』の頃から今までトップを走り続けているBeyoncé。 ここまでセレブになると歌ってる画像がほとんどない、 という得も言われぬ違和感にまみれてしまいました。 しかもカタカ…

歌い手魂其の百十三・奥田民生(ユニコーン)

前回の草野マサムネさんがカバーしていたと紹介して、 その後で、今年『ユニコーン』では『スピッツ』と同じ 30周年を迎えたと知ったので、 今回はそんな繋がりを感じつつ奥田民生さん。 脱力感が何とも独特な、味のある歌声が後を引きます。 私が一番思い入…

歌い手魂其の百十二・草野マサムネ(スピッツ)

前回秦基博さんがカバーした曲で紹介したので、 今回は『スピッツ』の草野マサムネさん。 柔らかい歌声とスゥっと入り込んでくるメロディ、 キャンバスに絵を描くような独特な歌詞の世界観がたまりません。 今年結成30周年の『スピッツ』。 好きな曲は沢山あ…

歌い手魂其の百十一・秦基博

ちょっと間が空いてしまいましたが、 前回槇原敬之さんとのコラボ音源を紹介したので、今回は秦基博さん。 優しく繊細で、かつ力強い声が心に響きます。 やっぱり“鱗”は外せません。 秦基博 鱗 LIVE インディーズで活動をしていた秦基博さんが メジャーデビ…

歌い手魂其の百十・槇原敬之

前回一青窈さんとのコラボ曲を紹介したので、今回は槇原敬之さん。 J-POPのシンガーソングライターとしては ある意味モンスターだと思います。 個人的に思い入れのある曲は“北風~君にとどきますように~。 季節的には今と正反対ですが。 槇原敬之 - 北風 ~…

歌い手魂其の百九・一青窈

昨日は母の日だったので、ずっと“ハナミズキ”が頭の中で流れていました。 と言う事で、今回は一青窈さん。 澄み切った歌声と独特の歌詞の世界観が印象的です。 母の日は過ぎてしまいましたが、まずは“ハナミズキ”を。 曲を探していたら、徳永英明さんとのデ…

歌い手魂其の百八・Brian Wilson(The Beach Boys)

「音楽映画」のカテゴリーで『The Beach Boys』の元リーダー Brian Wilsonを主演にした『ラブ&マーシー』を紹介したので、 今回はそのBrian Wilsonを。 映画を観るまで今もご活躍されているとは 存じ上げませんでした。 まずはその映画のタイトルにもなった…

歌い手魂其の百七・Amy Winehouse

ずっと気になっていたのですが、 ちょっと前にアルバムを聴いてハマってしまって 最近ドキュメンタリー映画を観て刺激を受けたので、 今回はAmy Winehouse。 ここ最近では珍しい『the 27 club』、27歳の若さでこの世を去った、 本当にもったいない才能のミュ…

歌い手魂其の百六・Bruce Springsteen

前回John Fogertyとの共演動画を紹介したので、 今回はBruce Springsteen。 アメリカを代表するロックン・ローラーで、 「The Boss」と呼ばれている大御所です。 力強い歌声とパフォーマンスが印象的なBruce Springsteen、 まずは“Born to Run”を思い浮かべ…

歌い手魂其の百五・John Fogerty(CCR)

前回Rod Stewartのカバー曲で紹介したので、 今回は『Creedence Clearwater Revival』のJohn Fogerty。 『CCR』って言うと良く「略して言うな」と 注意されたものです(でも長いので今回は略します)。 『CCR』はアメリカ南部のサザン・ロック、 スワンプ・…

歌い手魂其の百四・Rod Stewart

前回Bryan Adamsとのコラボ曲を紹介したので、 今回は『The Jeff Beck Group』や『Faces』でも 活躍していたRod Stewart。 かすれたハスキーボイスが何ともしびれます。 最初に思い出すのは“Sailing”。 Rod Stewart - Sailing (from One Night Only!) 1975年…

歌い手魂其の百三・Bryan Adams

前回Tina Turnerとのデュエット曲を紹介したので、 今回はBryan Adams。 ミュージシャンとしては勿論のこと、写真家としても活動されているそうです。 最初に思い浮かぶのは“(Everything I Do) I Do It For You”です。 Bryan Adams - (Everything I Do) I Do…

歌い手魂其の百二・Tina Turner

前回Chuck Berryの動画で、コラボしている映像を紹介したので、 今回はダイナミックな歌唱とパフォーマンスが印象的なTina Turner。 「ロックンロールの女王」とも呼ばれています。 まずは“River Deep Mountain High”を。 Tina Turner | River Deep Mountain…

歌い手魂其の百一・Chuck Berry

先週ご逝去され、世界中のアーティストに衝撃を与えたChuck Berry。 追悼の意を込めて…。 ロックンロールの創始者の一人で、「ロック界の伝説」と敬われています。 名曲は数多くありますが、やはり何と言っても “Johnny B-Goode”でしょうか。 Chuck Berry - …

歌い手魂番外編・USA for Africa

歌い手魂も100回を超えたので、ここで番外編。 海外ミュージシャンの動画を見ると、時々この曲に出会います。 「あぁ、この人も参加していたんだ」と、感慨深くなると同時に、 毎回「これはやっぱり凄い」と思わされます。 1984年にBob Geldofの呼びかけによ…

歌い手魂其の百・宮本浩次(エレファントカシマシ)

歌い手魂、大台の100回目です。 ここはもう否応なく、大好きなエレファントカシマシの 宮本浩次さんと決めていました。 今年デビュー30周年のエレファントカシマシ。 宮本浩次さんは歌も曲も全てがツボです。 好きな曲も代表的な曲も沢山ありますが、 まずは…

歌い手魂其の九十九・Al Jarreau

歌い手魂も99回目となりました。 今回は追悼の意を込めて、 先月お亡くなりになったジャズシンガーAl Jarreau。 私が彼の事を知ったのは数年前ですが、 何だかとても印象に残っています。 有名なのは“Mornin’”でしょうか。 Al Jarreau - Mornin' (Official V…

歌い手魂其の九十八・上田正樹

前回紹介した有山じゅんじさんと大分一緒に 活動していらっしゃった上田正樹さん。 大阪の代表的ミュージシャンのお一人です。 上田正樹さんと言えば“悲しい色やね”をまず思い出します。 上田正樹 悲しい色やね ~OSAKA BAY BLUES.MP4 関西弁とブルースの相…

歌い手魂其の九十七・有山じゅんじ

先月末、ありがたいご縁からライブの前座を務めさせて頂いたので、 今回は有山じゅんじさん。 私は今回の件があるまで存じ上げませんでしたが、 ギターは勿論のこと歌声も独特で惹きつけられました。 そしてお人柄も滲み出る素敵な方でした。 昔から上田正樹…

歌い手魂其の九十六・田島貴男(ORIGINAL LOVE)

前回の斉藤和義さんとのコラボを紹介したので 今回は『ORIGINAL LOVE』の田島貴男さん。 『ORIGINAL LOVE』のギターボーカルで、 『ピチカート・ファイヴ』でもギターボーカルとして 多様な活動を経てきた方です。 まず思い浮かべるのは『ORIGINAL LOVE』の“…

歌い手魂其の九十五・斉藤和義

前回の『ゆず』と共演していた動画を紹介したので 今回は斉藤和義さん。 飄々としていて、いい感じで力が抜けていて、 いつでもぶれない強さを持っている素敵な方。 “歌うたいのバラッド”は大好きな大好きなラブソング。 斉藤和義 - 歌うたいのバラッド 【MU…

歌い手魂其の九十四・ゆず(北川悠仁・岩沢厚治)

前回『いきものがかり』が影響を受けたミュージシャンとして紹介したので、 今回は『ゆず』のお二人、北川悠仁さん・岩沢厚治さん。 ストリートミュージシャンの代表格であり、 「ネオ・フォーク」の確立者。 “夏色”を持ってこようかと思いましたが、ここは…

歌い手魂其の九十三・吉岡 聖恵(いきものがかり)

今回は新年早々活動休止(放牧宣言)を発表した 『いきものがかり』のボーカリスト、吉岡 聖恵さん。 私のイメージでは「The Pops」、本当に楽しそうに歌う方だと思います。 『いきものがかり』と言えばやっぱり“ありがとう”。 いきものがかり #01 ありがと…

歌い手魂其の九十二・Michael Jackson

前回はJanet Jacksonを紹介したのでその流れに便乗して 今回は2009年に急逝した偉大なる兄上、Michael Jackson。 数々の記録と伝説を残した、King Of Pop。 Michael Jacksonと言えばやはり“Thriller”は欠かせません。 Michael Jackson - Thriller (Official …

歌い手魂其の九十一・Janet Jackson

先日御歳50歳で初産を経験され、世間を驚かせた(少なくとも私はびっくりしました)Janet Jackson。 言わずもがな、『King of Pop』Michael Jacksonの妹さんです。 私の中でJanet Jacksonのイメージが強いのは“Rhythm Nation”。 Janet Jackson - Rhythm Nati…

歌い手魂其の九十・Lauryn Hill

新年を迎えた最初の「歌い手魂」は丁度90回目。 本当は90回目で2016年の締め括りに、と思いましたが ちょっと間に合いませんでした。 …誰にしようかとちょっと考えましたが、 年末に『天使にラブ・ソングを』の1・2を見た流れもあり 紹介しようと思っていたL…

歌い手魂其の八十九・George Michael

急逝の原因はまだ明らかになっていませんが、 本当に急の出来事だったし、 「クリスマスの夜」と言うのがあまりにも似合いすぎる…。 今回は先日お亡くなりになった、George Michael。 言わずもがな『Wham!』のボーカリストで、 その後もソロ活動を行っていた…

歌い手魂其の八十八・岩崎良美

前回、岩崎宏美さんを紹介したので、 今回はその妹さんの岩崎良美さん。 私の妹も以前歌をやっていたので、 「姉妹揃って」と言うのは憧れでもあります。 その中の葛藤も勿論あると思いますし、著名人なら尚更です。 岩崎良美さんと言えば“タッチ”でしょう。…

歌い手魂其の八十七・岩崎宏美

前回布施明さんとのデュエットを紹介したので、 今回は素晴らしい歌唱が定評の岩崎宏美さん。 歌唱力は勿論ですし、今でもチャーミングでお美しい。 何と言ってもまずは “聖母たちのララバイ”。 岩崎宏美 ♪聖母たちのララバイ♪ 何でこの曲が耳馴染みがあるん…

歌い手魂其の八十六・布施明

前回、Gloria Gaynorの代表曲をご自身で訳詞し、 カバーしたと紹介したので、今回は布施明さん。 豊かすぎるほどの声量で圧倒される歌声です。 まずは先述したGloria Gaynorの“I Will Survive”のカバー、 “恋のサバイバル”です。 视频: 恋のサバイバル/布施…

歌い手魂其の八十五・Gloria Gaynor

前回Gladys knightのカバーを紹介したので、 今回はGloria Gaynor。 ダンス・ミュージックの女王。 まずは、Gloria Gaynorの代表曲1978年リリースの“I Will Survive”。 日本でも“恋のサバイバル”として布施明さんがカバーしています。 (私は布施明さんのバ…

歌い手魂其の八十四・Gladys Knight

Elton John、Dionne Warwickと連続して その共演作品を紹介したGladys Knight。 『Gladys Knight & The Pips』として、その名を広めました。 個人的に「これがきっかけで」と言った曲があるわけではないのですが、 いつの間にか「大御所」として認識してい…

歌い手魂其の八十三・Dionne Warwick

前回紹介したElton Johnの初グラミー賞は、 Dionne Warwickとの共演作でした。 と言う事で、今回はDionne Warwick。 Whitney Houstonの従姉妹であり、 姉妹もディープなソウル・シンガー。 今や色んなミュージシャンがカバーしている“I Say A Little Prayer”…

歌い手魂其の八十二・Elton John

前回紹介したAxl Roseと親交が深いミュージシャンとして 動画もアップしたので、今回はElton John。 歌やピアノは勿論、作曲家・プロデューサーとしても 有名なマルチアーティストの一人です。 誰の曲かは知らなかったけどいつの間にか流れていた曲、 それが…

歌い手魂其の八十一・Axl Rose(Guns N' Roses)

前回紹介したStingの動画を観ていたら、 関連動画に『Guns N' Roses』が上がってきたので、 今回は丁度来日も控えている『Guns N' Roses』のAxl Rose。 有名な曲は数多くあれど、思い入れが強い曲は “November Rain”です。 Guns N' Roses - November Rain こ…

歌い手魂其の八十・Sting(The Police)

前回Alanis Morissetteの『The Police』のカバー曲を紹介したので、 今回はそのベーシスト兼ボーカリストのSting。 『The Police』で思い浮かべるのは“Every Breath You Take”。 The Police - Every Breath You Take 私はこの曲を聴くと、 幼き頃のとある屋…

歌い手魂其の七十九・Alanis Morissette

前回Ringo Starrとのコラボを音源を紹介したので、 今回はAlanis Morissette。 独特の世界観と歌声はとても奥深くて引き込まれます。 友達が好きだったのがきっかけで聴いたのですが、 その中でも“You Oughta Know”は衝撃的でした。 Alanis Morissette-You O…

歌い手魂其の七十八・Ringo Starr(The Beatles)

前回は椎名林檎さんだったので、 今回は彼女の名前の由来にもなった(諸説ありますが) 『The Beatles』の元ドラマー、Ringo Starr。 何とも渋い。 画像を見ていると、結構ピースサインをしている姿が多く、 その人柄が滲み出てくるようです。 Ringo Starrと…

歌い手魂其の七十七・椎名林檎

歌い手魂77回目。ぞろ目って何だか嬉しくなるんですが、 その中でも7は特別感があります。 と言う事で、今回は私の中で特別な椎名林檎さん。 前回紹介したaikoさんとはデビュー前からのお付き合いとか。 今や日本代表と言っても過言ではない林檎嬢。 思い入…

歌い手魂其の七十六・aiko

PUSHIMさん、MINMIさんと関西出身の歌い手さんを続けたので、 今回も関西出身の代表的なミュージシャンのaikoさん。 いつまでもキュートでパワフル、恋愛女子の味方です。 何と言っても“カブトムシ”は思い入れの深い名曲です。 aiko-『カブトムシ』music vid…

歌い手魂其の七十五・MINMI

レゲエが続いたのでPUSHIMさん同様、 そちら側で「いい!」と感じたMINMIさん。 PUSHIMさんと言い、 その関連で紹介したego-wrappin'と言い、 今回のMINMIさんと言い、 とにかくこの頃関西が熱かった! 私は友達がブラック音楽を好きで カラオケで歌っていた…

歌い手魂其の七十四・PUSHIM

前回のBob Marleyで(個人的に珍しい)レゲエを紹介したので、 今回はジャパニーズ・レゲエミュージシャンで とても衝撃的だったPUSHIMさん。 ジャパニーズ・レゲエの女王。 始めて聴いたのは多分“FOREVER”。 (PV-J) Pushim - Forever.MPG それまでレゲエを…

歌い手魂其の七十三・Bob Marley

前回はBob Dylanでしたが、今回はBob Marley。 単純なBob繋がりですが、私、実際混同してた頃ありました。 ボブはボブでも、『レゲエの神様』のBobです。 私はジャンルで音楽を聴かないので余計に混乱しました… 最初に聴いたのは“No Woman,No Cry”。 Bob mar…

歌い手魂其の七十二・Bob Dylan

ミュージシャン初のノーベル文学賞受賞で 話題をかっさらった時の人、Bob Dylan。 未だ連絡が取れていないようですから 本人からすると全く本意ではないのかもしれません。 (と言うか、そういう気しかしません) この一週間近く、“Blowing In The Wind(風…

歌い手魂其の七十一・原由子

前回桑田佳祐さんを紹介したので、 今回はサザンオールスターズのキーボードで桑田さんの奥様、 シンガーソングライターの原由子さん。 桑田さんの声も個性的ですが、 違う意味で個性的でチャーミングな歌声をお持ちです。 私は中学生の時柔道少女でしたので…

歌い手魂其の七十・桑田佳祐(サザンオールスターズ)

ちょっと間が空きましたが、歌い手魂も70回目。 69(ロック)回目でとっておきのアーティスト、Beth Hartを紹介した後は、 皆さんご存じ、サザンオールスターズの桑田佳祐さん。 King Of PopsにしてRock'N'Roll Hero、 才能と個性に溢れた大御所兄貴でござい…

歌い手魂其の六十九・Beth Hart

今回は69回目なので、とっておきのロック姉さんを紹介します。 日本ではほぼ知られていない女性アーティストですが、 それが本当に勿体ないくらい彼女の歌には力があります。 アメリカのLAを中心に活動中のBeth Hart(ベス・ハート)です。 見た目も声も、か…