SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

LUCK!(幸運を)PLUCK(勇気をッ!)

どもども、deeさんです。
恋愛論の大作が2作続きましたねー。

今回は「ら」ってことで「LUCK!(幸運を)PLUCK(勇気をッ!)」

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00ATLLSQ0/jojogorok-22/ref=nosim/

はい、ジョジョです。

このおれの剣に刻んであるこの言葉をおまえに捧げよう!
LUCK!(幸運を)
そして君の未来へこれを持って行けッ!
PLUCK(勇気をッ!)

ジョジョ一部、屈指の名シーンであり
とても影響を受けたセリフです。

・・・勇気と言えば、アルフレッド・アドラーさんのことを書いた
「嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え 」を
ちょろっとツマミ食いしました。

以下、簡単に内容をコピペ。
フロイトユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を、「青年と哲人の対話篇」という物語形式を用いてまとめた一冊です。欧米で絶大な支持を誇るアドラー心理学は、「どうすれば人は幸せに生きることができるか」という哲学的な問いに、きわめてシンプルかつ具体的な“答え”を提示します。この世界のひとつの真理とも言うべき、アドラーの思想を知って、あなたのこれからの人生はどう変わるのか?もしくは、なにも変わらないのか…。

ここからは概要をまとめ
・「個人の中だけで完結する悩みは存在しない」
悩みは常に対人関係に起因する。物事の解釈を変えれば見方は変わる。

「正しい劣等感と誤った劣等感」
理想の自分になるために足りないものがあるときに感じる劣等感は正しい。
他者と比較して自分に足りないものがあるときに感じる劣等感は間違っている。

・自分にとって他人は競争相手だ
自分にとって他人は競争相手だという発想が、間違った劣等感を生む。
他者は仲間であるという見方を変えれば、世界が自分にとって安心できるフィールドになる。

・承認欲求
人間には「自分が価値のある生命体」であることを確認するために、
他者からの評価を求める本能、これを「承認欲求」と言う。
他者の評価を重んじるほど「他者=競争」の解釈が強くなり
負のスパイラルに落ち込む。

・自己指針
他者からの評価は自分ではコントロールできない他者の課題である。
自分の課題に邁進し、理想の自分を追求することが真の自由となる・・・。

他者から嫌われることは苦しい。できれば承認欲求を満たして生きていたい。
しかし、全ての人に嫌われないように立ち回る生き方は不自由きわまりない生き方であり、
不可能でもある。幸せになるには、「課題の分離」をして、
「嫌われる勇気」を持つことが大切。

・共同体感覚
共同体感覚とは「自分は世の中に貢献している」と実感すること。
「他者に貢献できる自分になること」で結果的に承認欲求が満たされ、
人間の欲求の中で最も上位である「自己実現」も達成される。


前回、男性は自己肯定感を失った代償として
恋愛に対して消極的になっている話をしました。
彼らのコンプレックスの源泉はこういうところからきているのかも。

・1億人総クリエイター時代は、皆が承認欲求不満?
youtubeやニコ動などが登場し、あるいはツイッターやFBなどが登場し
皆はただコンテンツを消費するだけでなく、生産できるようになりました。
でも多くは「新宿なう」的なつぶやきをネットに泳がせて
身近な人間からイイネとかで承認欲求を満たそうしてます。
全ての人がモノ創りの才能があると思いませんが、俺自身は他者に対して
価値あるコンテンツを作っていきたいと思ってます。
そのときに「何がウケるか?」ではなく「何を表現したいのか?」を重視して
生きていきたいなー。


・Here & Now
フロイトは問題の原因をトラウマという過去に起因するものとする心理学です。
アドラーがフォーカスするところは今・ここでの目的です。
未来でも過去でもなく、刹那的な今を重視する。。。
今、俺はブログを書いてます。文章書くのキライじゃないけど
読んでもらえたり、褒めてもらえればやっぱ嬉しいなあ。
そのためには、見た人が面白いって思えるスキルを磨くことが大事なんかー。
いや、そもそも俺らの音楽に興味をもってほしいっていう矮小な自分がいますがねー。



最後の〆は再びジョジョ、ツェペリさんのセリフから引用

ノミっているよなあ・・・ちっぽけな虫ケラのノミじゃよ!
あの虫は我我巨大で頭のいい人間にところかまわず攻撃を仕掛けて 戦いを挑んでくるなあ!
巨大な敵に立ち向かうノミ・・・これは『勇気』と呼べるだろうかねェ
ノミどものは「勇気」とは呼べんなあ

それではジョジョ!「勇気」とはいったい何か!?

「勇気」とは「怖さ」を知ることッ!「恐怖」を我が物とすることじゃあッ!
人間讃歌は「勇気」の讃歌ッ!!
人間のすばらしさは勇気のすばらしさ!!
いくら強くてもこいつら屍生人は「勇気」を知らん!
ノミと同類よォーッ!!

次は「く」かな?「お(を)」かな?