SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

心理テスト

Deeさん、自分探しの旅へ・・・。

こんばんは、きょうは「し」からってことで「心理テスト」で。

普段、まったくこういった心理テスト/占い系やらんのですよ。
キライじゃないんですが、自分にあんまり関心がなくなったんですかねー。

さあ、俺の本性、でてこいやっ!

---------------------------------------------------------------

なんていうか。心理テストって自分にやっても面白くないですねーw
一通りやってみて記事を書いてみて、あまりの内容の面白くなさに
自分で書いた記事を消してしまいました。
やっぱ誰かと一緒にやって遊ぶほうが面白いな・・・。

逆にいえば、ほとんどの心理テストって多分テキトーに作ってるんですよね。
心理学っていわば、統計学だと思うのでこのIT時代に
こういった遊び心理テストと個人の特性に関するアンケート結果かなんかを
ビッグデータ化したら面白い統計とかできないですかねー。
ああ、ただ基本的にそういった心理テストでビックデータ化するなら
PCを目の前にした状態で、みな割りとリラックスした状態が考えられますね。
パニックしてるときの心理状態だとかはデータ化できない
・・けれども潜在意識に関するデータの集計には有効そうだなー。

最後にエゴグラム診断してみました。
http://www.egogram-f.jp/seikaku/sin-d.htm



<性格>
合理主義者の割には、日常の世渡りに、今一つの一貫性が欠けて居ると、評するべきでしょう。好奇心が旺盛で、喜怒哀楽の豊かなタイプであり、かなり自由奔放で我儘な面を持って居るのですが、性格のもう一面には、非常に神経が過敏で有ったり、強迫観念が有ったり、自己不全の意識が有ったりする訳なのです。これでは一つの心の中に、自己顕示欲と自己不全観念が、絶えず火花を散らしながら、同居しているようなもので、物事を割り切って考えるタイプの割には、何らかの悩みが絶えず付き纏って居て、心の中が何時もスッキリしないと云う事にも、成り兼ねないのです。どちらかと云えば、優しくて思い遣りの深いタイプなので、どうしても情に搦まれた問題が、心の奥に潜在すると云う傾向が強い事も確かです。<恋愛・結婚>
好きになったら、そのまま突っ走ると云う訳には行かないタイプです。恋愛や結婚の問題を、そんなにスッキリと割り切れるような、そんな単純なタイプでは無いのです。或る時は哲学者のような顔で悩み、或る時は詩人のような顔で恋を囁き、或る時は政治家のような顔で状況を判断し、或る時は聖母のように優しく、或る時は腕白坊主のように積極的な性行動に走ります。どれもこれも、貴方の素顔の一つですが、総体的には常識的な線へ落ち着いて行くタイプです。<職業適性>
性格的には、大概の職業に適応性が有りと判断致します。特に芸能、芸術、文芸などの分野に適した性格のように思えます。法律家、科学者、エンジニア、一般公務員などのように、どちらかと云えば、無味乾燥的な色合の強いものよりは、人間的色模様の世界に、ドップリと浸り込んで行くような職業の方が、貴方の好みには、合って居るような気がします。<対人関係>
貴方は、人付き合いに於ける気配りと云う点では、現時点に於いても、既に十分過ぎる程の心遣(こころづかい)を働かせて居るタイプです。これ以上、神経過敏に成ら無い方が、自、他共に、もっとスッキリとする筈です。


おお!なんかそれっぽいぞ。
「自己顕示欲と自己不全観念が、絶えず火花を散らしながら、同居しているようなもの」って
フレーズがそれっぽい。

CPがちょっと低いですが、CP=critical parent(批判的な親の心)だそうです。
ここの値が高いと「馬鹿」「ダメだなぁ」「当然じゃないか」「〜すべきだ」など
他人を見下す・断定的な態度が多くなり低いと
無責任になる・ルーズになる・人の言葉に左右される・ノーと言えなくなる・批判力がなくなる
だそうです。

NPはnurturl parent(養育的な親の心)です。
ここの値が高いと「よかったわね」「よくできたわ」「まかせてね」「かわいそうに」など
世話をやきたがる・安心感を与える・優しく柔らかい態度が多くなり低いと
冷淡になる・おおむね拒絶的・他人のことはどうでもよいという態度・
他人を野心の犠牲にしやすい傾向になるそうです。

Aはadult(大人の心)。
ここの値が高いと「なぜ?」「比較検討すると」「私の意見では」「具体的にいうと」
という理詰めでくる・計算高い・言質を逃がさない態度が多くなり低いと
現実にうとい・ずさん・間抜け・状況判断が狂いやすい傾向になるようです。

FCはfree child(自由な子供の心)。
ここの値が高いと「ヤッター」「わぁスゴイ」「エーッ本当」など
はしゃぐことが多い・無邪気・まわりの迷惑を考えない態度が多くなり低いと
無気力・シラケ人間・能面人間・ネクラ・セックス下手(!)・人生を楽しめないという
傾向になるようです。

ACはadapted child(順応した子供の心)。
ここの値が高いと「どうせ私なんか」「よくわかりません」「外の人はどうですか」
「そういたします」常にオドオドしている・人にさからえない・旗色を鮮明にしないような
態度が多くなり低い場合、反抗的になる・独善的になる・頑迷になる
あまのじゃくになりやすいとのこと。

おそらくどの値も高めってのは、心のバランスがとれてないっていうか
心のなかに多面性があるってことなんですかねー。

皆さんの結果はどうでしょう?




では、つぎは「ト」でお願いしますー。