SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

仮面ライダードライブ & ゴースト

お疲れ様です。Deeさんです。

先日、仮面ライダードライブが最終回を迎え
仮面ライダーゴーストがスタートしました。

最近、前ライダーから新ライダーへの引継ぎ話があるのも
ちょっといい感じだと思います。

仮面ライダードライブの脚本を三条陸さんがメインで担当してます。
所謂オタク系雑誌や少年ジャンプでのライターと
アニメ脚本家を経て、少年ジャンプのマンガ
DRAGON QUEST-ダイの大冒険-でブレイクを果たします。

三条さんの脚本は、テーマが明確でわかりやすく
お話の終わりに向けてグワーと盛り上がるとところ、
そして割とスッキリした終わり方ができるところが特徴です。

敵役を魅力的に描くことも得意で
主人公サイドより敵役に男気があり、泣かせる演出があるのも
好きな感じです。

ダイの大冒険では、マンガ作成を担当した稲田さんも
話を重ねることに成長していった感じもあり思い入れある作品です。

以前の話では、ちょっとご都合主義的展開が多かった気がしますが
仮面ライダードライブに関しては、割とそんな感じも少なめ?
(チェイスのこととか・・・?最終回はうまいなあ)

そして仮面ライダーゴースト。
福田卓郎さんがメインでの脚本担当だとことですがよく存じてない方です。
かなり多才な方のようで、CMコピーライターで賞をいただいたりしてるようですね。
トリックシリーズの警部補矢部謙三などの実写映画を手がけ
コメディ作品に定評がある方のようです。
この方が関わった作品で好きだったのは富豪刑事かなー。

評判の悪い?ゴーストのデザインですが
なんとなく昭和ライダーに混じっても違和感なさそうなデザインで
俺は嫌いじゃないですねー。
フォーゼみたいなコミカルな動きだといいですが
それはなさそうなのかなー。

最近の仮面ライダーは、玩具のアイテム点数が多すぎて
その設定を本編に生かしきれていないところが
演出に問題を与えているかなーと思います。
シフトカーに関しても、各々が意思をもった存在のはずですが
その辺の描写は中途半端に終わってます。

玩具の企画ありきで、お話を作る必要があるので
仕方ないのかもしれませんが。。。
メジャーで何か作る難しさみたいなものを、仮面ライダーで感じてしまうのでした。

一話目を見た感想としては、とにかく竹中直人さんの
存在感がハンパなかった(笑)
ワイヤーアクションや目玉のおやじモドキのような
相棒はどこかアナログで「特撮」!って感じました。
フードがデザインのいいアクセントになってます。
ライダーキックが一話目からあったのも
鎧武、ドライブとちょっと変わったライダー路線から
原点回帰を狙ったんですかね。
ちょっと、電王にも似た仮面ライダーらしい
チープ感はいいかなー。


次は「ト」でんがなー。

─── /| ─────────────────────
── //| ─ 卜、─────過去の記事はこちら
── |   | ─ |ヽ ────Livaealの無料動画をチェック!
──_|  (ノ─ _| 丿───