SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

チーム・バチスタ

今年、ドラマ版の『チーム・バチスタ』シリーズを観ました。
(ドラマの初回放送は2008年)

第一作目は「チーム・バチスタの栄光」。
チーム・バチスタは心臓移植の代替医療である
バチスタ手術を専門に行うチーム。
成功率100%だったチーム・バチスタが、
3例立て続けに謎の術中死に遭遇。
疑念を解明するため、
不定愁訴外来(別名・愚痴外来)』の責任者・田口と
厚生労働省の役人・白鳥が原因究明の調査をする、と言った内容。

誰が犯人なのか、何が原因なのか、
そして目的は…?
真実の究明はもちろん、
いつのまにかパートナーとなった正反対の
田口と白鳥、二人の掛け合いが面白い。


二作目は「ナイチンゲールの沈黙」ですが、
これは観てませんあせる
(ドラマじゃなく、TVスペシャルだったみたいですね)


三作目は「ジェネラル・ルージュの凱旋」。
救命救急センターを束ねる救命医・速水晃一、
通称「ジェネラル・ルージュ」。
救急センターの苛酷さが良く分かります。
(実際私も救急車で運ばれた時に
 受け入れ先を確認する為に結構時間がかかりました)
どんなに受け入れ態勢が整っていなくても
速水は無理にでも受け入れる。
患者の治療を優先し、腕も良い医者だが、
そんな速水に収賄の疑惑がかかる。

救急センターを舞台にしているだけあって
そのスピード感も見入ってしまう一因になっていたのかも。
救急センターが抱える問題を訴えかけ、
考えさせられるドラマでした。
また、速水役を演じる西島秀俊さんの演技がとても良かったです。


四作目は「アリアドネの弾丸」。
死因不明の遺体の死亡原因を調べる為に
Ai(死亡時画像診断)センターを設立させている最中、
Aiセンターに導入された新型の縦型MRIで連続殺人事件が発生する。
過去の冤罪事件との関連、
警察官達のそれぞれの思惑が交錯しつつ、
真実の究明に奔走する。

複雑な人間模様。
事件と事故。
医療と警察。
また違う志向で色んな問題提起をされていました。


五作目は「螺鈿迷宮」。
田口は終末期医療に取り組んでいる
地方病院「碧翠院」に派遣される。
一方白鳥には碧翠院の闇を訴える文章と、
助けを求める言葉が綴られていた一通の手紙が届く。
碧翠院の闇とは?

病院の謎、家族の過去と闇。
死との向き合い方、
安楽死の是非まで考えさせられる深い内容。


最終作の「チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像」は
去年映画で公開された様ですが、それはまだ観てません。
と言うか、私の近所のレンタル店には置いてなくてしょぼん


長々と書いてしまいましたが、
医療に携わる仕事と言うのは、
大なり小なり「人の命」と関わるとても重い仕事です。
私達はそこに助けを求め
頼りにして日々を暮らしていますが、
医療の現場と言うのは私達が思っているよりもずっと
大変な場所なのでしょう。

何となく手に取ったものですが、
少しでもそれを垣間見、
色々と考えさせてくれるとても良いドラマでした。


FINAL観ないと気がおさまらないなぁ。
今度別のレンタル店に出張してみようかな。


と言う事で、次は「た」でパー

悠久子



─── /| ─────────────────────
── //| ─ 卜、─────過去の記事はこちら
── |   | ─ |ヽ ────Livaealの無料動画をチェック!
──_|  (ノ─ _| 丿───
─ (ノ──  (ノ ───