SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

上を向いて歩こう

上を向いて歩こう』は、言わずと知れた坂本九さんの名曲。
音楽の教科書にも載っていて、馴染み深い曲です。

私も10月のライブで歌わせて頂きましたが、
シンプルな歌を歌いこなす事が出来る歌手は
やっぱり素晴らしいと思います。

上を向いて歩こう』は、『SUKIYAKI』と言うタイトルで
ビルボード誌で1963年6月15日付に、
現在においても日本人のみならずアジア圏歌手唯一となる
週間1位を獲得した曲でもあります。

その事は知っていましたが、
何で『SUKIYAKI』になったのかずっと気になっていたので
調べてみました。

以下Wikiより。

SUKIYAKI」という曲名は、
ケニー・ボールの所属したイギリスのパイ・レコードの社長
ルイス・ベンジャミンが契約の話で来日した際、
土産にもらった数枚の日本のシングルレコードを
ホテルに帰ってから聴いた中にあった
上を向いて歩こう」を大変気に入り、
帰国後ジャズでリリースすることに決めた。
その際レコードには日本語のタイトルしか印刷されておらず、
『原題の「UE O MUITE ARUKOU(上を向いて歩こう)」のタイトルがわからず、
日本で契約の際に会食した「スキヤキ」が心に残る食べ物だった』という理由で、
日本料理の名前を付けたものだと言われている。
しかしケニー・ボールの証言では、「上を向いて歩こう」では
タイトルが長くなってしまうので
短くわかりやすい日本語の曲名をつけたかったが
彼が知っていたものが「SUKIYAKI」と「SAYONARA(さよなら)」ぐらいだったため、
「サヨナラ」では暗すぎるのでどうすれば良いかと思案していたが、
中華料理屋での会食で同席していた友人の女性歌手ペトゥラ・クラーク
(当時の彼女は仏ヴォーグ・レーベルに所属していたが、
英国でのレコード発売権をパイ・レコードに委託している)に相談したところ
SUKIYAKI」がいいと言われたこともあって、そうすることにしたとのことである。

…何ともはやあせる


とてもシンプルな名曲であるため、
色んなミュージシャンがカバーしています。
その中でいくつかご紹介。

かのBEN E. KINGも日本語で歌っています。

Char・奥田民生山崎まさよしさん達「三人の侍」より。
それぞれの個性が面白い。

忌野清志郎さんと甲本ヒロトさん。
もう原曲を留めていません(笑)

玉置浩二さん。渋い。

近藤房之助さん。アレンジ含めとにかくカッコイイ。

最後に夏川りみさんの癒し系ボイスで。


その他洋邦問わず、本当に大勢の方がカバーしています。
こうして歌い続けられる曲こそが違う事無い「名曲」なんでしょうね。


と言う事で、次は「う」でパー

悠久子



─── /| ─────────────────────
── //| ─ 卜、─────過去の記事はこちら
── |   | ─ |ヽ ────Livaealの無料動画をチェック!
──_|  (ノ─ _| 丿───
─ (ノ──  (ノ ───