SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

歌い手魂其の一・Janis Joplin

歌い手魂第一弾は、やっぱりJanis Joplin

f:id:livaeal:20160620061711j:plain

Janis Joplinは1943年~1970年のミュージシャンです。

 

27歳の時に謎の死を遂げた彼女は、

今でも多くのアーティストに影響を与えています。

現に、私の好きな女性ミュージシャンの多くは

彼女の事をリスペクトしています。

 

私が彼女の歌を聴いたのは大学生の時。

それまでは普通のポップソングや、

どちらかと言うとブラック寄りの私でしたが、

先輩から「ゆっこはこっちの方が合ってるんじゃないの?」と

聴かされたのが、彼女のCDでした。

 

勿論、音だけなので、

彼女の外見や生き方、英語と言う言葉だって

すぐに分かるものではありませんでしたが、

歌声を聴いただけでかなりの衝撃を受けました。

 

魂に訴えかける魂の歌声。

彼女の叫びや嘆きが、その声一つ一つに込められています。

彼女は「命を削って歌っているんだから報酬を得て当然だわ」

と(そういう意味の事を)言っています。

“命を削って歌う”、それがぴったりな歌い手です。

 

短い生涯でしたが、その中で遺してくれた曲の様々が、

(どういう生き方であったとしても)

今なお多くの著名人に影響を与えているという事こそ

彼女の生きた証であり、功績であり、

今も生き続ける光として、存在しているのでしょう。

 

Janis Joplinが生きた時代は、

女性ボーカリストとして台頭しているひとは数少なく、

とりわけロックボーカリストとしては

彼女が牽引してくれたと言っても過言ではありません。

 

その中で残された曲、

の中でも「この曲!!」と選ぶことは難しいですが、

次に繋がりそうなので、

『Piece Of My Heart』と『Summertime』を。


Janis Joplin - Piece Of My Heart (1969) Frankfurt, Germany


Janis Joplin - Summertime (Live -1969)