SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

歌い手魂其の二・Steven Tyler(Aerosmith)

Janis Joplinの後に誰を持ってこようかと思い、

女性アーティストを色々考えていましたが、

ここはちょっと外してAerosmithSteven Tylerを。

f:id:livaeal:20160620064417j:plain

基本的に私は、自分が歌を歌うので、

女性ミュージシャンに傾倒しています。

その中で、男性アーティストは珍しいのですが、

Tylerを初めて観た時はそういうものが

取っ払われた気分でした。

 

勿論、Tylerの音域は広すぎますから、

男女問わず歌える(いや、むしろ男女問わず歌えないかも?)と

いうのもあります。

その上で、彼に満ち満ちた魅力を感じたのも、

Janis Joplin同様、大学生の時です。

 

彼については、沢山語りたい事はあるのですが、

その辺は自分なりにある程度のブレーキをかけます。

 

まず、あの年齢になってもまだまだ衰えない

声と魅力を持ち続けている、と言う事。

実際、自分の父親よりも年上だなんて信じられません。

(※私は私の父親は大好きだし、彼を蔑ろにしてるわけでは決してありません)

 

早くも余談ですが、

去年だったか一昨年だったか、はたまた3年前だったか…

Tylerが大阪でストリートミュージシャンに混ざって

(日本で)歌っていたという事も、

「Tylerだったらありうるよねー」と私の周りでは言ってました。

(その人たちは実際海外のミュージシャンに関わっている人達です)

人としての魅力と言うのも、

決して単なる噂だけじゃないと言う事を実感させられました。


で、元に戻ると、まず彼の何に魅力を感じたかと言うと、

音域と表現方法の幅広さ、規定外の、それこそロックです。

根本的な事ですが、Tylerの口のでかさは規格外です。

でも、口の大きさと言うのは歌の幅広さに割りかし比例します。

いやあ、羨ましい限り。

また、Tylerは、歌うだけじゃなくて

作詞も作曲もこなします。楽器も出来ます。

(歌っているのでは分からないかもしれませんが)

ある意味ではシンガーソングライターなんです。

そんな音感があるからこそだと思いますが

実はコーラスも凄いです。

あんな音の取り方は“かなり”です。

 (洋楽のアーティストはそんな“かなり”がかなりいます)

 

でも、彼の魅力を生かせるのはバンドなんだと思うのです。

多分それは、彼自身も重々分かっていると思いますが。

 

彼がシンガーソングライターであり、

ロックバンドのフロントマンであり、

今なお活躍し続けているというのは本当に感服です。

もう、何とも言えない…

 

いや、それでも言います。

 

最近Aerosmithの解散説がありましたが

個人的には悲しいニュースでした。

でも、彼らは皆いい歳のミュージシャンで、

それぞれに色んな思いがあっての事だと思います。

沢山の事を経てきたからこそ、出した結論であれば

ファンとしても納得する以上に何もないです。

50年近くバンドを続けてきた事自体が全くもって規格外だし、

それだけのビックバンドになれば

どれだけ自分達の発言に影響力があるのかも

相当分かっていての上での発言だとは思います。

 

ただ、さっきも書いたように、

Tylerはバンドだからこそ生きる才能を持った人です。

Tylerがゆるーい曲を歌っているのなんか、

あんまり見たくない、というのは勝手な意見ですが、

多くの人がそうだと思うんです。

文字通り、ロックを全うしてほしいと思う限りです。

と、まあ、勝手につらつら述べましたが、

(ここでブログ記事が半分消えると言うハプニングがありつつ)

Aerosmithの曲を何曲か。

まずは、私がAerosmithを知った曲、『Jaded』。


Jaded - Aerosmith (Official Video with Lyrics)

この映像と音を見せられた時に、

何だかパアっとそれまでとは違うものが開きました。

 

次にAerosmithの代表曲、『Dream on』

この曲を最初に聴いた時は衝撃的でした。

曲自体の魅力も勿論多分にありますが、

それに加えて、そんな終わり方…!?

何何!!??

と、とりあえず衝撃的でした。


Aerosmith - Dream On

以前の動画も興味があれば観てみてください。


Dream On.Aerosmith


Aerosmithは当然ロックバンドなんで、

バラード曲は絶対量が違うし

それも割りと似たり寄ったり感はあると思います。

でもそれぞれに魅力は当然あります。

映画『アルマゲドン』で有名にrなった“I Don't Want to Miss a Thing”始め、

私が今思い上げるだけでも“cryin'”“Crazy”“Amazing”等々…

 

沢山ありますが、

その中でも『Fly away from here』は私の中で特別です。

歌詞の世界観もとても好きな一曲。

Aerosmith - Fly Away From Here

 

しっとりとした(?)曲が続いたのでこれはいかんと思いつつ。

私もAerosmithの全てを知っているわけではないのを前置きにしつつ

そんな知識量の中で


AEROSMITH - Nine Lives ( LIVE )

ニャーニャー。

このアルバム聴いた時はテンション上がりました。

一曲目からこれですからね。

テンションが上がる曲は他にも沢山ありますが、

とにもかくにもTylerの歌声も曲もシャウトも動きも、

何もかもが素敵に見える私です。

(でもソロの曲はあんまり聴いた事がありません)

 

最後に、TylerがJanis Joplinの『Piece of my heart』を

歌っているのを見つけたのでそれも併せて紹介します。


Steven Tyler - "Piece Of My Heart" on Front And Center (Live)