SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

歌い手魂其の八・Chara

初めてシリーズ(?)とりあえず続けます。

初めて(自分の意志で)行ったLIVEがChara

f:id:livaeal:20160627204019j:plain

歌い方、歌詞、ビジュアル…

どれを取っても個性的な歌い手さんです。

初めて自分の意志で行ったLIVEとは言っても、

きっかけは友達の誘いでした。

それはそれで、今となってはとてもありがたい…

 

実力派の歌い手さんが次々とヒットチャートを駆け巡っていた時、

ある意味、異色と存在感を放っていたアーティストです。

友達がハマっていて、その影響で色々聴いた上での初LIVEでしたが

とても魅力的で独創的でチャーミングな印象を受けました。

声も表現方法も、とにかく独特です。

特別歌唱力があるわけではありませんが、音域は広い。

そのウィスパーヴォイスの表現力は多岐に渡り、奥深さを感じます。

その頃よくみんなが歌っていた“タイムマシーン”。

www.youtube.com

この映像を観ると、それこそ

“タイムマシーンはこない そんな歌を歌ってた”なんて

色々感じるところが多いものであります…

(浅野さんと共演してるし)

 

その時に聴かれていた曲から彼女の曲を辿ってみたりしましたが、

元々アイドルとして売り出そうとしていた売り手側の意図があったとか何とか…

そういう歌い手さんも少なくありませんが、

Charaは、ある程度それを受け入れつつ、

でも自分の信念を貫きつつ、試行錯誤したのだと思います。

だからこそ、今のCharaがいるのでしょうね。

 

私が彼女の過去の映像を見て、

「これいいな!」と思ったのは“罪深く愛してよ”。

今となっては考えられないようなPVですが、

音楽的にも(Jackson5ほぼ被りではありますけど)

この弾けた感じがとても新鮮でした。

youtu.be

また、YENTOWN BANDもチェックしたいところ。

YENTOWN BANDは、岩井俊二監督の映画『スワロウテイル』の中で

Chara扮する“グリコ”がボーカルをつとめる架空の無国籍バンドです。

このサウンドトラックは何度も聴いたし、

私自身もその中から何曲かカバーした思い出深い作品です。

YENTOWN BAND自体、2003年と2015年にライブを行ったそうですが、

今年7/20に新アルバムをリリースするとの事で期待が高まります。

映画に関してはまた後日“音楽映画”の中で紹介しようと思いますが、

新曲のPVと名曲“Swallowtail Butterfly 〜あいのうた〜”を。


YEN TOWN BAND feat. Kj(Dragon Ash) / 「my town」MUSIC VIDEO (監督:岩井俊二)


# Swallowtail Butterfly ~あいのうた~ - YENTOWN BAND

音楽やそのスタイル、色んな面で魅力を発揮し続けるChara

最後に“breaking hearts”と“Tiny Tiny Tiny”のLIVE動画を。


CHARA (Live '09)