SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

歌い手魂其の十七・坂本九

先日永六輔さんがお亡くなりになったので、

その追悼の意も込めて今回は坂本九さん。

f:id:livaeal:20160713101601j:plain

1959年にデビューした坂本九さんですが、

Elvis Presleyに憧れていて元々はロカビリーバンドで活動していた

と言うのはかなり意外でした。

彼の最大の代表曲と言えば、先述した永六輔さん作詞の“上を向いて歩こう”。


坂本 九 上を向いて歩こう

どの曲も映像がほとんどないのが残念…

この曲は今や国民的曲となっていますし、

私も関西の方とのバンドで歌わせて頂いています。

SUKIYAKI”としてアメリカでもヒットしたと言う事は知っていましたが、

3週連続ビルボードの一位を獲得したことや、

英語版ではなく日本語版が売れたと言う事は知りませんでした。

また、今でも海外の人たちに知られていると言うのもすごいです。

 

見上げてごらん夜の星を”も、同じく永六輔さん作詞の曲です。


見上げてごらん夜の星を(坂本九)

坂本九さんが歌っている原曲を聴いた事はありませんでしたが、

ちゃんと聴いてみると、繊細さと情緒の豊かさを感じられ、

得も言われぬ安心感に包まれる気持ちさえします。

曲として好きなのは“涙くんさよなら”。


涙くんさよなら - 坂本九

明日があるさ”は色んなカバーもあるし、

原曲はあまり聴いた事はありませんでしたが、耳馴染みのある曲です。

沢山の曲を歌ってきた坂本九さんですが、

ベスト盤を聴くだけでもその幅の広さにびっくりしました。

曲自体も良かったのですが、動画も残っていたので

“ステキなタイミング”を。


kyu sakamto Live Good Timin' 坂本九 ステキなタイミング

音楽・芸能活動は勿論の事、福祉活動にも尽力していたと言う坂本九さん。

1985年の日本航空123便墜落事故で43歳という若さで亡くなってしまいました。

しかもいつもは日本航空の便には乗っておらず、

たまたまその時に乗り合わせてしまっていたと言う事に

残酷な運命の徒を感じずにいられません。

 

はからずも遺作となってしまった“心の鐘”は名曲です。

彼の歌っていた姿を観てみたかったと思うばかりです。


坂本九「心の瞳」 (原曲・歌詞字幕付き)

 

それにしても、画像を見るだけで彼の人となりが溢れてくる感じがして、

何だか説明しようもない思いが胸に込み上げてきました。