SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

歌い手魂其の十八・ザ・ピーナッツ

前回に引き続き、先日訃報が届いた事から、

追悼の意を込めてザ・ピーナッツ

f:id:livaeal:20160713164449j:plain

今年亡くなったのは妹の伊藤ユミさんで、

姉の伊藤エミさんは2012年にお亡くなりになっています。

 

ザ・ピーナッツは1959年にデビューし、1975年に引退されました。

私が彼女たちの歌を聴いたのは小学生中学年の時、

友達の母親が聴いていた事からその子と遊ぶ時にザ・ピーナッツの曲が流れている、

と言う、まあ、随分と渋い遊び場でありました。

それまで聴いた事のないような音色がとても印象に残っています。

その中でも一番印象深かったのは“恋のバカンス”。


恋のバカンス ザ・ピーナッツ 1975

二人の絶妙なハーモニーはさる事ながら、安定感も抜群です。

声と骨格と言うのは深い関わりがあるので、

双子である彼女たちのハーモニー・ユニゾンの響きが心地よいのは納得ですが

その音感、持ち合わせた声質にも感嘆させられます。

 

オリジナル曲も良いですが、沢山のカバー曲を歌ってきたザ・ピーナッツ

その幅は広く、オールディーズからビートルズ

はたまたキング・クリムゾンまで本当に多岐に渡ります。

それらを聴くと、彼女たちの凄さをまた実感します。

ちょっと長いですが、このメドレーは聴き応えがあります。


ザ・ピーナッツ オールディーズメドレー

ザ・ピーナッツを調べていたらこの動画に出会ったわけですが、

中尾ミエさんも昔はしっかり歌ってたんだー、と個人的な感想。

もう一人の伊東ゆかりさんは今回初めて知りました。

この中では“ボーイハント”のハーモニーが秀逸です。

 

また、JAZZのスタンダードナンバー“LOVER COME BACK TO ME”が好きで、

以前それをyoutubeで観ていたらザ・ピーナッツもカバーしていたので

何となく流していたのですが、主旋律は元より、スキャットの細部まで…

その素晴らしさに魅入ってしまいました。


The Peanuts - LOVER COME BACK TO ME

最近は昔の曲を辿る事が多い「歌い手魂」ですが、

そうする事で自分自身、新しい発見が多々ありますし、

音楽の奥深さを改めて感じているところです。

 

最後に、ザ・ピーナッツの代表曲の一曲“恋のフーガ”を。


ザ・ピーナッツ 恋のフーガ