SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

歌い手魂其の二十四・大黒摩季

今年も次第に梅雨が明けています。

関東はまだ梅雨明けしていないと言えど、

猛暑だったり涼しかったりの連続で、私の体はついていけません…

そんな中、今回誰を紹介しようと思い、

「夏と言えば」の女性アーティスト、大黒摩季さん。

f:id:livaeal:20160721184345j:plain

ハイトーンボイスで力強い歌声が魅力的な大黒摩季さん。

元々、デビューに関しては前から声がかかっていたそうですが、

それを蹴って、まず下積み経験を選び、

色んなミュージシャンのコーラスを担当していたそうです。

ソロデビューは1992年。

 

まずは、そんな彼女の代表的夏ソング、“夏が来る”。


夏が来る/大黒摩季

当時、友達はよくカラオケで歌っていましたが、

その曲のインパクトと歌詞の内容が私にはリンクしませんでした。

そこが彼女の良さでもあるんでしょうけどね。

(何せアマノジャクでしたから)

 

そんな大黒摩季さんの曲で好きだったのは“熱くなれ”。


熱くなれ/大黒摩季

そのハイトーンボイスをフルに生かした楽曲だったと思います。

動画もあったのですが、ここは音源で。

 

デビューから数年はメディアの露出を控えていたため、

歌い手とモデルと別々にいるのではないか?とか

様々な都市伝説があったようです。

1997年に本格的に姿を出すようになったそうです。

 

パワフルな声質と曲調で『夏の曲』のイメージが強い大黒摩季さん。

実際、私もそれで思いついた歌い手さんが彼女だったのですが。

でも歌詞の内容はとても分かりやすく、すごく女性に寄り添った内容です。

 

私の好きなアーティストである近藤房之助さんとも演っていたというので

youtubeで検索したところ面白い動画がヒットしました。

中村中さんとのコラボ曲“フレンズ”。


フレンズ 中村中&大黒摩季

 

因みに、時代も、そのスタイル(歌としては全然違いますが)も、

近いと思ったのがZARDですが、

大黒摩季さんがコーラスとして参加していた

ミュージシャンの中にはそのZARDもいたそうです。

(他にはB'z、TUBE、T-BOLANDEENなど)

 

激しい曲のイメージしかありませんでしたが、

2006年にはバラードのベストアルバム『Weep』をリリースしていました。

いくつか調べてみましたが、動画に上がっていませんでした。

その中にはBette Midlerの名曲、“The Rose”のカバーも含まれていたので、

今度聴いてみたいと思います。

 

“夏が来る”や“熱くなれ”を聴いていて「アニソン歌ったら合いそう」と

思ったのですが、そう言えばスラムダンクの曲を歌っていたな、と思い出して

すごく懐かしくなりました。


大黒摩季 あなただけ見つめてる

 

2010年からは病気の治療のために活動を停止。

徐々に活動を再開されていらっしゃるようですが、

個人的に興味があるのは芸能人の『北海道会』での逸話。

(数多くの芸人さん達もいる中で、仕切っているのは大黒さんだとか)

 

最後に、去年本格的なレコーディングをしたと言う、

スカイマークの応援歌“TAKE OFF SKYMARK CheerUp ↑ Ver.”。

歌声はまだまだ現役ですね。


スカイマーク - TAKE OFF SKYMARK CheerUp ↑ Ver.