SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

歌い手魂其の二十七・Jim Morrison

全く意図せずして、27日に27回目を迎えました。

27という数字はロック界では意味深な数字です。

27クラブという言葉があるように、

27歳で亡くなったミュージシャンが沢山いましたからね。

私のリスペクトするJanis Joplinもその一人です。

今ではほとんどいませんが、

そうして才能を持った人が若くして亡くなると言うのは

残念だし、単純に嫌です。

でも、私は27日生まれなので27という数字は、単純に好きです。

…と、ちょっと前置きが長くなってしまいましたが、

今回はその中の一人、『The Doors』のJim Morrison。

f:id:livaeal:20160726150751j:plain

The Doorsの結成は1965年、レコード会社と契約したのが1966年です。

Jim Morrisonが亡くなったのが1971年ですから、

(それからもメンバーを変えたりしていたものの)実質5年弱の活動です。

それなのに、今もなおこうして聴き継がれ、

語り継がれていると言うのはもう偉業を超えています。

 

第2弾シングル“Light My Fire”で一躍有名に。


The Doors - Light My Fire ( HQ Official Video )

前半と後半のギャップがたまりません。

 

2nd、3rdアルバムとリリースするうちに彼らの評判は強固なものとなり、

“Hello, I Love You”は二枚目のアメリカでのNo.1シングルとなりました。


The Doors - Hello, I Love You

 

Jim Morrisonは過去の経験から、哲学や詩にのめり込んでいたそうで、

オルガニストのRay Manzarekに自作の詩を読み聞かせた時に、

Ray Manzarekが彼の詩に惹かれ、バンドを組むことになったそうです。

きっとJim Morrison自身、とても繊細な心の持ち主だったんでしょう。

急に有名になり、セックスシンボルになり、

自分自身も「ロックスター」である事を相当自覚して振る舞い、

その地位の中にフラストレーションを抱えるようになったのも

当然の事だったのかもしれません。

色んな問題行動を起こしていたようですが、それは割愛。

結局1971年、27歳で亡くなってしまいました。

 

色々聴いていたら何となく懐かしい曲がありました。

“Break On Through (To The Other Side)”。

一時期よく聴いていた覚えがあります。

The Doors - Break On Through (To The Other Side) - Promo Video 1966

この曲は初期の作品で、バンドの方向性を決めた曲のようです。

また、歌詞に問題があるとされ、いわくつきの曲でもあります。

 

“People are Strange”の何とも言えない哀愁感と

それにあいまった歌詞の世界観が好きです。


The Doors - People are Strange

 

因みに1991年に映画『ドアーズ』が公開されましたが、

先述したオルガンのRay Manzarekはそのモリソン像に不快感を表したそう。

2009年にはドキュメンタリー映画『ドアーズ/まぼろしの世界』も公開、

これは、当時のオリジナル映像とジョニー・デップのナレーションのみだそうです。

 

最後に何を持ってこようかと思いましたが、

時間がある方向けに“The End”を。

ギリシャ神話にあった話を元にJim Morrisonが作詞をしたもので、

10分にも及びます。


The Doors - The End (Toronto, 1967)