SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

歌い手魂其の三十八・夏川りみ

この季節には沖縄のミュージシャンの歌が聴きたくなります。

と言う事で、今回は夏川りみさん。

f:id:livaeal:20160811175227j:plain

透き通る高音が優しく・温かく響き、

大きな包容力さえ感じる歌声です。

 

夏川りみさんが一躍有名になったのは

言わずと知れた名曲、“涙そうそう”。


夏川りみ「涙そうそう」LIVE

元々は演歌歌手として1989年にデビューした夏川りみさん。

でもヒットに恵まれず、1996年に一度引退されています。

そんな彼女が再デビューしたのは1999年。

2001年にリリースされた“涙そうそう”がじわじわとヒットし、

最終的に116週連続チャートインしたそうです。

この曲は森山良子さん作詞、

(森山良子さんが、亡くなったお兄様の事を思い、書いた詞)

作曲は夏川りみさんと同じ沖縄出身のアーティストBEGINによるもので、

曲自体もとても素晴らしく心に響きます。

我々Livaealもカバーさせて頂いていますが、

毎回、歌詞・曲ともに奥深さを感じています。

 

大分前、TVに出ていた時にたまたま観ていたのですが、

夏川りみさんは一時(一回引退した後だと思います)

お酒に溺れて、廃人のようだったと仰っていました。

今では想像もつかないですが、

そんな苦しみを背負った彼女だからこそ

今の包み込むような歌を歌えるのかもしれません。

 

2003年に古謝美佐子(こじゃみさこ)さんのカバー曲

“童神(わらびがみ)~ヤマトグチ~”が日本レコード大賞の金賞を受賞。


夏川りみ 童神 ~ヤマトグチ~

因みにこの曲は「胎教にいい」と評判だそうです。

確かに色んな意味で良さそう。

 

喜納 昌吉(きなしょうきち)さんの“花~すべての人の心に花を〜”は

夏川りみさんが歌う前から大好きだった曲です。


『花』すべての人の心に花を ✿ 夏川りみ ✿ (guitar)吉川忠英

最初のアカペラ部分から素晴らしいです。

本当に泣いちゃう。

 

沢山の曲を歌っている夏川りみさんですが、

勿論それは沖縄の曲に限りません。

でもやっぱりこうして聴くと、

「沖縄」という土地に息づいたものの特別な文化・感覚を

感じずにはいられません。

 

かの“Amazing Grace”も沖縄色に。


夏川りみ 『アメージング・グレース』amazing grace

Amazing Grace”も色々なバージョンを聴いてきましたが、

また一味違った曲として聴こえてきます。

 

ちょっとだけ早いかもしれませんが最後に、

夏の終わりに聴きたくなる井上陽水さんの名曲、“少年時代”を。


夏川りみ 少年時代