SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

歌い手魂其の四十二・森山直太朗

歌い手魂

森山良子さんを紹介したからには避けられない(?)ので、

今回は森山直太朗さん。

f:id:livaeal:20160816173316j:plain

勿論、森山良子さんの息子さんではなくても、

純粋に素敵で魅力的な歌い手さんです。

 

2002年にデビューした森山直太朗さん、

一躍有名になったのは2003年リリースの“さくら(独唱)”。


森山直太朗 - さくら(独唱)

当時の私はちょっとひねくれていたので、

「いい曲だ」とは思っていても

その先に入ろうとは思いませんでした。

その時の自分を思い返すだけでこそばゆいし、

そういう「時期」をありありと思い出せる曲であると言う事自体、

とても大事で、力を持った曲だったのだと

今となっては思います。

 

事実かどうかは知りませんが、

森山良子さんと言う母があって

それに反発していた時あったとか。

最初に「森山直太朗」としてではなく

「直太朗」として活動していたのは

そういうバックグラウンドがあったのかもしれません。

 

8月も後半を迎えて、関東は大分涼しくなりました。

まだ西日本は夏真っ盛りみたいですが。

季節の移り変わり、空気の変化…

我々日本人には、そういう素晴らしくて美しい

そして独特の「四季」があります。

だからこそ、個々人が感じる季節と風景、

それにともなった感情がある。

“さくら”も勿論その「季節」代表の曲ですが、

今の時期に沁み入る森山直太朗さんの“夏の終わり”。

秦基博さん・谷村新司さんとのコラボです。


秦基博&森山直太朗 &谷村新司「 夏の終わり 」

ミュージックフェア』って、素晴らしい番組だと思います。

あんまりリアルタイムでは見れない番組ですが、

前回の森山良子さんのコラボ曲もそうだし、

普段見る事が出来ないコラボレーションをしてくれる。

こうしてアップしてくれる人にも感謝です。

 

独特の歌い方とファルセットの遣い方の妙、

楽曲の素晴らしさ、心の奥に響く歌詞。

世界観には舌を巻きます。

壮大さと力強さが多くのメッセージを伝えてくれる

“生きとし生ける物へ”。


森山直太朗 - 生きとし生ける物へ -

 

以前、男女デュエット曲を探していた時、

森山直太朗さんとSalyuさんが歌っていて感動した“愛し君へ”。

この映像を観た後に森山直太朗さんのオリジナルを聴きましたが、

あまりに切なく、涙が流れました。

今回はお二人で歌っている映像を。


Salyu 愛し君へ 森山直太朗

歌詞もメロディーも秀逸なのですが、

お二人のハーモニーがまた素晴らしいです。

 

心震える曲を沢山書き、歌いあげる森山直太朗さんですが、

キャラクターがまたいいですね。

たまたま去年のFNS27時間テレビのドリームカバー歌謡祭を観ていて

(その時は“銭形平次”を歌っておられました)

それまでのイメージとのギャップがすごくてびっくりしました。

実はオリジナル曲でもコミカルなものもあるんですよね。

コミカルとはちょっと違いますが、

最後に今日初めて聴いた曲、“うんこ”(それが締め括りかいっ)。

着眼点がユニークで素敵です。


森山直太朗 うんこ

昨年活動小休止した森山直太朗さんですが、

すぐに活動を始めたところもやっぱり彼は歌うべき人間なんだと

改めて思いました。