SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

のだめカンタービレ 最終楽章

クラシック作品が続きます。

今回は前回の『スイングガールズ』の主演、

上野樹理さんの代表作品『のだめカンタービレ 最終楽章』。

f:id:livaeal:20160818182349j:plain

前後編と、かなりのボリューム。

しかもドラマを観ていないとほとんど分からないと思うので、

単品ではお勧めしようがありませんが…

 

ヨーロッパへ音楽留学したのだめと千秋先輩。

前半は千秋編、後半はのだめ編、と言ったところでしょうか。

音楽的な成長をしつつ、それと共に歪みが生じる二人の恋愛。

(2010年・日本)

 

のだめカンタービレ』は最初の方だけ漫画で読んでいました。

去年か一昨年に(うちのギターの)deeさんの薦めから

ドラマのDVDを借りてから、遅ればせながらハマってしまいました。

内容もさることながら、俳優陣の演技力が相まり、

かなり楽しく面白く、観させて頂きました。

 

その中での映画化、前後編とあって、

かなり期待を持ってしまったからかもしれませんが

個人的にはドラマ版の方が好きです。

まあ、ヨーロッパ編なので、ちょっと無理があるところも否めないし、

内容的にもドラマ版とは違ってシリアスな部分も多いから

当然な流れではあるんですけど。

 

そんな中でも、千秋先輩のクラシック楽曲の説明は

とても勉強になるし、音楽の奥深さを感じます。

前編はまだコメディタッチなところが多いです。


のだめカンタービレ最終楽章 前編(プレビュー)

 

後編はよりシリアスに。


のだめカンタービレ最終楽章 後編(プレビュー)

 

音楽をする上で、どこにモチベーションを置くのか、

それはとても大事な問題です。

勿論音楽だけに限った事ではありませんが、

どんなに才能を持った人間であろうと

「自分の目標地点がどこにあるのか」それだけで全然違います。

ピアノの才能を持ったのだめ、その才能を見出した人たち、

千秋先輩に恋して先輩と一緒に演奏したいと思うのだめ。

どこが夢であり目標とするのか、

何が幸せなのか、その人にとっての幸せになるのか…

 

そういう事を考えさせてくれる作品でした。

(もっとも、私がドラマから映画版まで一気観したからかもw)