SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

歌い手魂其の五十一・中島みゆき

前回、私に大きな影響を与えたMISIAさんを紹介しましたが、

今回も沢山の影響を受けたアーティストである、中島みゆきさん。

f:id:livaeal:20160901135009j:plain

その時々で表情を変えていく中島みゆきさんの曲は、

それぞれの色を持って強く、時には優しく語りかけてくれます。

 

始めて知ったのは小学生の頃の卒業式に歌われた“時代”。

中島みゆきさんの動画はほとんどないし、

中島みゆきさんは特に歌詞が素晴らしいので、

今回は歌詞のページをリンクさせて頂きます。

www.kasi-time.com

小学生にはまだ分からない世界観ですが、

別れの場所に立つ度に、この曲が深く心に響きます。

 

ちゃんと中島みゆきさんの存在を知ったのは、

家なき子』や『聖者の行進』などのドラマの主題歌。

“糸”は今や沢山のミュージシャンがカバーしている名曲です。

(我々Livaealでもカバーさせて頂いています)

“糸”は勿論大好きですが、ここはあえて“命の別名”を紹介します。

www.utamap.com

この曲は『聖者の行進』のエンディングだったのですが、

ドラマや曲が持ち合わせたどうしようもない絶望感が

当時の私にはとても印象深く、忘れられない曲となりました。

 

中高生の時にラジオ「中島みゆきオールナイトニッポン」を聴いて、

最初は、今まで知っている中島みゆきさんと、

話している中島みゆきさんが一致せず、

そのギャップにかなり驚きました。

 

その後、ベストアルバムを聴いて、昔の曲も聴く様になりました。

“わかれうた”や“ひとり”など、所謂「別れ歌歌い」と呼ばれていた時の曲も、

スーッと心に入り込んできました。

“狼になりたい”は結構衝撃的でした。

ここは“わかれうた”を。

www.kasi-time.com

大学の時の先輩が、この歌の最初の歌詞を取り上げて、

「途に倒れて誰かの名を呼び続けた事はありますか、って

すごい状況だよな」って言っていたのを思い出します。

(因みに私は似た様な経験ならありますw)

 

中島みゆきさんの歌詞は、人間の苦しみや悲しみ、

見せたくない部分や見せられない部分…

その本質に迫っているので、共感するし、響くのでしょう。

“誕生”は、今でも大事な曲です。

www.kasi-time.com

海外では、子供が生まれて来た時に、

祝福の言葉として「Welcome!」と言うそうです。

とてもとても、深い曲で、初めて聴いた時は涙しました。

 

1975年にデビューされた中島みゆきさん。

去年デビュー40周年だったんですね。

メディアにほとんど出ていないのに、

これだけ支持を得ていると言う事も凄い事です。

 

また、1989年から演劇とコンサートを融合した「夜会」を

定期的に(今は不定期で)行っていらっしゃいますが、

これは一度は観に行きたいものであります。

 

せっかくなので、最新曲“麦の唄”とももクロへの提供曲

“泣いてもいいんだよ”のショート・バージョン。


麦の唄 c/w 泣いてもいいんだよ / 中島みゆき (Short ver.) [公式]

他のミュージシャンにも曲を提供している中島みゆきさんですが、

その曲自体も素敵だし、また、彼女がセルフカバーすると

違った曲として聴こえてくるから不思議なものです。

 

歌い手としては勿論、作詞作曲、その表現方法…

色んな面でとても影響を受けたアーティストさんです。