SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

歌い手魂其の五十五・吉井和哉(THE YELLOW MONKEY)

歌い手魂

今年再結成したTHE YELLOW MONKEYのフロントマン、

強烈な個性と得も言われぬ色気を備える吉井和哉さん。

f:id:livaeal:20160831180056j:plain

 私は基本的に女性ミュージシャンばかり聴いていたのですが、

そんな私にも、THE YELLOW MONKEYは特に魅力的に映りました。

 

最初に聴いたのは多分別の曲だと思いますが、

印象的だったのが“JAM”。


JAM / THE YELLOW MONKEY

「陽と陰」と言えば「陰」の感じ。

私は個人的にそういう曲の方が好きなんです。

 

それから聴く機会が増えたTHE YELLOW MONKEYですが、

デビューは1992年。

デビューして3年ほどは売れなかったんですね。

元々吉井さんはボーカリストじゃなかった、と言うのを知った時は

にわかには信じ難い事でした。

それほど吉井さんの歌・声・ルックスには強い個性と

力強さを伴っていました。

 

私の周りでは先述した“JAM”が売れた事により、

カラオケでもよく歌われるようになりました。

“SPARK””楽園”“LOVE LOVE SHOW”などヒットしましたが、

シングルで唯一の初登場一位だったのは“球根”というのも意外です。

私はとても好きな曲で、今度我々Livaealでもカバーしようとしていました。


球根 / THE YELLOW MONKEY [FULL VERSION]

 

ヒット曲を連発していく中で、

精神的・体力的にもかなりの消耗をしていたようで、

当時は知りませんでしたが、吉井さんは休養期間を取っていたそう。

今でこそ、自他共に認められた復活を遂げた

THE YELLOW MONKEYですが、

解散までの道のりも、それはそれで避けようのなかった事なのでしょう。

 

好きな曲は沢山ありますが、曲としても好きだし、

思い入れの深い曲は“パール”。


パール - THE YELLOW MONKEY LIVE @ TOKYO DOME, 2001

曲の構成、歌詞の内容共に好きなのですが、

特に最後のCメロ→間奏→サビの流れは最高です。

 

個人的には“Father”は大好き。


FATHER - THE YELLOW MONKEY

 

“SPARK”も思い出深い曲の一つです。


SPARK / THE YELLOW MONKEY

 

THE YELLOW MONKEYが解散した後に

吉井さんのファンの人とカラオケに行く機会があったので、

THE YELLOW MONKEYの曲を歌ったら、

酔いも手伝ってか「何で解散したの~!?吉井さ~ん!?」と

泣き付かれた時は、どうしていいか分かりませんでした。

 

 

私は吉井和哉さんが好きですが、

それでも吉井さんのソロアルバムは全部聴いていないし

持っているCDも聴き込んでいないです。

ソロでも魅力的である事には当然変わりないのですが、

私が好きだったのはその中でもやはり

THE YELLOW MONKEY吉井和哉」だったんだと実感します。

 

去年、吉井さんと斉藤和義さんがMusic Fairで

歌うたいのバラッド”を一緒に演奏しているところを

たまたま観る事が出来たのですが、とても良かったです。

(二人とも好きなアーティストさんだし、

歌うたいのバラッドは以前から大好きな曲ですから)

その動画がなくなっているのはとても残念です。

 

THE YELLOW MONKEYの評価もすごいです。

X Japanのhideから桑田佳祐さん、はたまた美和明宏さんまで、

名立たる著名人の方々が讃辞を送っています。

 

最後に、解散前の曲“So Young”。

どこかしら淋しさと取り戻せない悲しさを

表現しているかのようにも思えます。


SO YOUNG / THE YELLOW MONKEY