SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

歌い手魂其の五十六・David Bowie

歌い手魂

前回『THE YELLOW MONKEY』の吉井和哉さんを紹介したので、

避けて通れないDavid Bowie

f:id:livaeal:20160909152924j:plain

記憶に新しい今年の1月、ニューアルバムリリース直後に

亡くなられ、衝撃を与えました。

 

デビューは1967年、それまでも色々と名前を変えて活動していたそうです。

David Bowie初のヒットは1969年の“Space Oddity”。


David Bowie – Space Oddity [OFFICIAL VIDEO]

 

1972年に解散危機に直面した『Mott the Hoople』に提供した

“All the Young Dudes”はロックのスタンダードナンバーの一つにもなっています。


David Bowie - All the Young Dudes (Live at the Isle of Wight)

私はDavid Bowieの事はほとんど知りませんが、

この最近の映像でもカッコ良さが伝わってきます。

むしろ、個人的には昔の映像より最近の方が

渋さが加わってかなり好きです。

 

1975年リリースの“FAME”はJohn Lennonとの共作。


FAME / DAVID BOWIE

この曲の入ったアルバムのコンセプトは

「白人はいかに黒人音楽のソウルフルさに近づけるか」だったとの事。

それをDavid Bowieがやっていたとは、何だかとても不思議な感じです。

その後のアルバムでは、

「白人である私、ヨーロッパ人である私はいかに黒人音楽を取り入れるべきか」

という方向へ変えたそうです。

音楽をしている人ならば、そういうアイデンティティ

いかに自分の音楽に影響するかは分かるはずだし、

違った方向性から音楽に向き合った二つの作品に、

触れてみたいと思わされるコンセプトです。

 

1980年リリースの “Ashes To Ashes”では先述した

“Space Oddity”の登場人物を出して

それまでのカルト・スターとしての自分と決別しているのが

MVを観るだけでも一目瞭然です。


David Bowie - Ashes To Ashes

でも、一般的に知られている姿はやっぱりカルト・スターとしての

David Bowieなのでしょうか。

ただ、それによって迷走時期に入りますが、

その中でも自分の位置を確立させていくと言うのが

スターのスターたる所以かもしれません。

 

“Under Pressure”はずっとQueenの曲だと思っていましたが、

David Bowieとの共作曲だったのですね。


Queen & David Bowie - Under Pressure (Classic Queen Mix)

 

The Rolling Stones』のMick Jaggerとは長年の友人で、

“Dancing in the street”で共演しています。


Mick Jagger & David Bowie.- Dancing in the street (Live Aid Version)

他にも多くの名立たるアーティストと交流があり、

俳優としても数々の作品の出ています。

 

最後に、亡くなる直前にリリースされた

ラストアルバムの中から“Lazarus”。


David Bowie - Lazarus

私はDavid Bowie初心者なので、

亡くなられた後でとても残念ではありますが、

彼の作品に触れていきたいと思っています。