SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

ニッチなギターテクニック練習研究(010):ジャズコード入門(ミッキマウスマーチのアレンジ)

でもdeeです。

 

ちょっとアダルトな響きのジャズコードも取り入れてみましょう。

■ジャズコードとはなにか?

ジャズの特徴である複雑で深みのあるコードの響きは

テンションによって生み出されます。

一番単純なコードは3和音。

Cなら"ド・ミ・ソ"、Amなら"ラ・ド・ミ"

次に4和音。

Cmaj7なら"ド・ミ・ソ・シ"、

Am7なら"ラ・ド・ミ・ソ"といった具合。

さらに音を足し5和音以上になったコードを

テンションコードと呼びます。

Cmaj7(9)ならば"ド・ミ・ソ・シ・レ"

Am9ならば"ラ・シ・ド・ミ・ソ"といった具合。

ギターの場合一度に出せる音は最大で6音までで

さらに隣接した音は弾き難いチューニング構造になってます。

そのため例えばCmaj7(9)ならば"ド・ミ・シ・レ"と

ソを省略した形で押えたりします。

 

■ミッキマウスマーチのメロディはミばっかり

僕らのクラスのリーダーだー♪

このメロディはほとんど「ミ」1音でできてます。

こういった単純なメロディをギターで表現力を持たすのは

結構難しいのです。

なのでメロディ=トップノートは固定したまま

コードだけ変わっていくアレンジを考えてみました。

こんな感じです。

 

 

 

 

■譜例とコード解説

リズム割りは結構適当です。

f:id:livaeal:20160917162629p:plain

・1小節目

E→Bm6→Bb7(-5)→A69→Abm7(b13)→G13・・・といった感じでしょうか。

コードネームとして覚えると頭がクラクラしてしまいそうですが

このヘンのコードの形は良く出てきます。

まずはトップノートをミ(E)で固定。2弦の5フレットです。

・2小節目

F#m7→Abm7(b13)→A△7(+11)→Bbm7→B(パワーコード)

・3小節目

E→Dm(11)/F#→G13→Ab7(b13)

・4小節目

A△7

・5小節目

B7

・6小節目

Dm9

・7小節目

F#m9→F9

・エンディング

E69→E△7

 

弾いてみると同じフォームのコードが何回も出てくると思います。

トップノートを固定しベースラインをメロディックに動かして

その中に知ってるコードを当てはめていく感じです。

こういったコードを理論的に解説することもできますが

サウンドがかっこいいか耳で確認したほうがいいでしょう。