SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

歌い手魂其の六十六・忌野清志郎

前回、坂本冬美さんとのコラボの紹介で

またしても新しい表情を見た忌野清志郎さん。

f:id:livaeal:20160926205614j:plain

RCサクセションを筆頭に、

あらゆるバンドを率いてきたKING OF ROCK。

大学時代の大先輩が忌野清志郎さんの事を

凄く尊敬していた事を思い出します。

 

私の中で一番最初に思い浮かぶのは“スローバラード”。


忌野清志郎 スローバラード

でも最初に聴いたのは忌野清志郎さんご本人ではなく、

他の人のカバーでした。誰かは覚えてませんが…

この曲は私も一度カバーさせて頂きましたが、

歌うと、聴く感じとはまた違う感情が湧き立つ

何とも不思議な力を持つ曲でした。

 

1970年にRCサクセションでバンドデビュー。

1972年に“僕の好きな先生”がスマッシュヒットするも、その後バンドは低迷。

その間に井上陽水さんとの共作やフォークグループ『かぐや姫』への

歌詞提供をしていたとは全く知りませんでした。

井上陽水さんとの“帰れない二人”も好きな曲です。


帰れない二人 / 井上陽水&忌野清志郎

 

RCサクセションと言えば1980年のヒット曲、

“雨あがりの夜空に”は欠かせません。


忌野清志郎 雨あがりの夜空に

トランジスタ・ラジオ”も同年のヒット曲。

 

1982年に坂本龍一さんとユニットを組んで

“い・け・な・いルージュマジック”で話題になったそうですが、

私が初めてその映像を見た時は大分衝撃を受けました。

もう私の中ではお二人それぞれのイメージがありましたから…

それから数多くのユニットでも活動し、

バンドのメンバーもそれぞれソロ活動を活発化して

1991年にRCサクセションは無期限活動休止を表明。

 

モンキーズのカバー曲“デイ・ドリーム・ビリーバー”は

CMで流れてからお馴染みになりましたが、

それをウルフルズトータス松本さんとコラボしていたのは

今回始めて知りました。


ウルフルズ×忌野清志郎 デイ・ドリーム・ビリーバー

この曲は原曲もいいのですが、

忌野清志郎さんのこの歌詞(意訳ではない)があって

また全然違う魅力を備えた曲になっています。

泣けます。

 

話に聴くだけでも交流の幅がかなり広かった忌野清志郎さん。

音楽性は勿論、当然人柄もあっての事なのだと思います。

ちょっと前に紹介した矢野顕子さんともコラボしてたし、

坂本九さんを紹介した時には

Twitterのフォロワーさんから甲本ヒロトさんとの

上を向いて歩こう”を教えて頂きました。


上を向いて歩こう / 忌野清志郎&甲本ヒロト

 

こうして色んな音源や動画を見聴きしたり、

生前のあらゆる逸話を聞いたり知ったりすればするほど

その奥深さと魅力に引き込まれて行きます。

最後に、RCサクセション時代の隠れた名曲“エンジェル”。


忌野清志郎 エンジェル(弾き語り)