SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

デトロイト・メタル・シティ

しばらくは、ちょっとはっちゃけた音楽映画を。

その第一弾は『デトロイト・メタル・シティ』。

f:id:livaeal:20160926191623j:plain

オシャレ系ポップスとデスメタルの違いを

気持ち良いくらい分かりやすく説明してくれてます。

 

純朴な青年、根岸崇一は、オシャレ系(?)ポップミュージシャンを

目指して大分県から上京する。

だがひょんなことから人気悪魔系デスメタルバンド

デトロイト・メタル・シティ”のギター&ボーカルとして活動することになる。

彼らのデビューシングルは大ヒットを記録し、

崇一は自分の意思とは関係なくカリスマ悪魔歌手に祭り上げられていく。

(2008年・日本)

 

とにかくハチャメチャなコメディ音楽映画なんだけど、

私は映画として結構好きです。

主人公の根岸がやりたい“ポップミュージック”を愛してるわけでなし、

デスメタル”どころか“メタル”自体中々聴くことはありませんが。

 

それはもう、俳優さんと監督さんが良かったのかなぁ。

こういう映画には「がっかり感」を用意してかかるのですが

そんな中でも「がっかり」はしませんでした。

 

コメディ映画は、俳優陣の演技力と監督の演出力が不可欠だし、

その演技力を持って、より大袈裟に演じてくれる事で、

表現したい感情の行き場を提供できるのかもしれないな…

なんて、ちょっと難しい事を思ってしまいます。

むしろもうちょい大袈裟でも良かったと思います。

いや、それは確信に近い。

 

今となっては色んなキャラを演じ分ける松山ケンイチさんですが、

この時期にしか出来ないキャラクターを

その時期に演じてくれた感じがします。

 

個人的には松雪泰子さんのドSキャラと

宮崎美子さん演じる、根岸ママが良かった。

お母さんのセリフの為に全てがある、と言っても過言じゃない位。

 

多分原作やアニメはもっとデスメタッテルんだろうなぁ。

 


デトロイト・メタル・シティ(プレビュー)