SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

歌い手魂其の七十・桑田佳祐(サザンオールスターズ)

ちょっと間が空きましたが、歌い手魂も70回目。

69(ロック)回目でとっておきのアーティスト、Beth Hartを紹介した後は、

皆さんご存じ、サザンオールスターズ桑田佳祐さん。

f:id:livaeal:20161011180915j:plain

King Of PopsにしてRock'N'Roll Hero、

才能と個性に溢れた大御所兄貴でございます。

 

中島みゆきさんの回もそうだったのですが、

サザンも動画がほぼありません…。

私が初めて聴いたサザンの曲が何のかははっきりしませんが、

特に印象深かったのはやっぱり“TSUNAMI”かな。

www.utamap.com

 

1974年に結成したサザンオールスターズのデビューは1978年。

勝手にシンドバッド”って、タイトルも歌詞もとにかく辛辣ですよね。

翌年リリースした“いとしのエリー”が大ヒット。

もうこの曲はスタンダードナンバーと言っても過言ではありません。

「ソウルの神様」Ray Charlesもカバーしてるくらいですし。

まさかの当時の映像がありましたが、いつ削除されるか…


いとしのエリー 1979

まだ若い桑田さんが新鮮ですが、

歌声はもう出来上がってるところが凄い。

このしゃがれた声を出すために

ウォッカでうがいをしたり大声を出したりしていたと言うのは

結構有名な逸話ではないでしょうか。

 

桑田さんが音楽に興味を持ったのは、お姉さんの影響が大きいそうです。

私も何度か親の影響を受けて聴いたアーティストを紹介していますが、

本当に家庭環境が及ぼす音楽環境への影響を考えるだけで

とても面白く感じます。

(因みに私の兄は元々ギタリストで、今も音楽活動をしています。

 ついでに、今知ったんですが、その兄と原由子さんの誕生日が同じでした)

 

サザンは曲数も多いし、ヒット曲も当然沢山あります。

私自身、サザンの曲を網羅していませんし…

1980年代から2010年代までの4つの年代で

チャート1位という記録を持っているというのは、

本当に言葉通りモンスターバンドです。

真夏の果実”は1990年の曲。

やはりご本人の動画も音源もないので、

斉藤和義さんとBonnie Pinkのデュエットバージョン。


真夏の果実

 

サザンの曲でも思い入れのある曲は他にもあるのですが、

個人的趣向ではサザンの曲よりも桑田さんのソロ曲の方が

好みだったりします。

と言っても、それも網羅はしていないのですがw

よりロックだったりブルースだったり、

その色が濃くなっている感じがツボです。

サザンとは違って、ソロ曲は動画もあるのが不思議(Short verですが)。

急に寒くなってきた今日この頃、

もうちょっとしたら“白い恋人達”の季節です。


桑田佳祐 - 白い恋人達

 

ソロも素敵ですが、KUWATA BANDも良いですね。

これもご本人ではありませんがSuperflyの“スキップ・ビート”。


Superfly 『スキップ・ビート』

私はSuperflyも好きなので、彼女がこの曲をカバーしているのを観て、

改めて曲の魅力を感じました。

Mr.Childrenの桜井さんとの“奇跡の地球”もカッコいいですが、

映像もなかったので割愛。

 

ネタも思い入れも色々ありますが、キリがないのでこの辺で。

最後に、最近の話題作“ヨシ子さん”。

個人的には“大河の一滴”の方が好きでしたが、

クセになる感じ、分かります。


桑田佳祐 - ヨシ子さん