SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

歌い手魂其の七十七・椎名林檎

歌い手魂

歌い手魂77回目。ぞろ目って何だか嬉しくなるんですが、

その中でも7は特別感があります。

と言う事で、今回は私の中で特別な椎名林檎さん。

f:id:livaeal:20161103125405j:plain

前回紹介したaikoさんとはデビュー前からのお付き合いとか。

今や日本代表と言っても過言ではない林檎嬢

 

思い入れの深い曲はそれこそ沢山あるのですが、

まずはやっぱり“歌舞伎町の女王”です。

斎藤ネコさん編曲のバージョンがあったのでそちらを。


椎名林檎 / 歌舞伎町の女王

当時、ラジオで良く流れていたので

周りも一気に椎名林檎姉さんブームになりました。

カラオケでは誰が歌うのか取り合いになってた記憶が(笑)

 

1998年に“幸福論”でデビュー。

福岡出身だとずっと思っていましたが、

生まれは埼玉県で小学6年生までは静岡県に住んでいたそう。

1999年リリースの1st Album『無罪モラトリアム』がミリオンヒット。

このアルバムは大好きでよく聴いていましたが、

中でも“同じ夜”が思い出深い曲です。動画はありませんが。


椎名林檎 同じ夜 ライブ(live)歌詞付き

友達が椎名林檎さんのコピーバンドをしていたので

その時は遠慮していたのですが、

一度ピアノとのユニットを組んだ時にこの曲を歌わせて頂きました。

 

2nd Album『勝訴ストリップ』のコンセプトも印象的でした。

2000年に“ギブス”と“罪と罰”の2曲を先行リリースしましたが、

その時に「本当は“ギブス”じゃなくて“ギプス”が正しいんだよ」と

先輩から言われた事が何故か印象に残っていますw

“闇に降る雨”が結構好きだったなぁ。


椎名林檎 - 闇に降る雨 2008 さいたまスーパーアリーナ

ライブDVDを観せてもらった時は本当に衝撃的でした。

音楽は勿論、演出の全てが素晴らしかった。

 

2002年に二枚組のカバーアルバム『唄ひ手冥利』をリリースしましたが、

私は亀田誠治さんプロデュース版ばかり聴いていました。

椎名林檎さんは色んな曲をカバーされていますが、

彼女の歌を聴いて初めて知った曲も少なくありません。

また、このアルバムではスピッツ草野マサムネさんや

宇多田ヒカルさんなどとコラボもしていて、

本当に聴きあきないアルバムです。

このアルバムには収録されていませんが、

松任谷由実さんの“翳りゆく部屋”も

椎名林檎さんのカバーで始めて聴きました。


椎名林檎 翳りゆく部屋

今はLivaealでもカバーしている特別な一曲です。

 

2003年にソロ活動を休止し、2004年から『東京事変』として活動開始。

これが音楽活動を引退しようと考えていた事が発端だと言うから

何がどう関わって影響していくのか不思議に思います。

2006年リリースリリースの2nd Album『大人(アダルト)』に

収録されている“スーパースター”は

イチロー選手をイメージして書いたそうですが、

その後イチロー選手と対談も果たしましたから素晴らしいです。


スーパースター 東京事変

 

東京事変』は2012年に解散しましたが、

個人的に“落日”は名曲だと思います。

谷川きよしさんとのステージ、アコースティックバージョンです。


落日

 

2009年からソロ活動も再開。

最近ではオリンピックのセレモニーのプランニング担当になるなど、

その勢いはもう止まりません。

まだまだこれからも快進撃を見せてくれるだろう林檎嬢

思いは尽きませんが、最後に一曲。

マイナーですが個人的に思い入れの強い“メロウ”。


椎名林檎 - メロウ