SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

歌い手魂其の七十八・Ringo Starr(The Beatles)

前回は椎名林檎さんだったので、

今回は彼女の名前の由来にもなった(諸説ありますが)

The Beatles』の元ドラマー、Ringo Starr

f:id:livaeal:20161108190511j:plain

何とも渋い。

画像を見ていると、結構ピースサインをしている姿が多く、

その人柄が滲み出てくるようです。

 

Ringo Starrと言えば、当然『The Beatles』のドラマーですが、

今も現役でソロ活動をしています。

私がRingo Starrのソロアルバムを聴いたのは数年前、

音楽好きの上司から「これはイイよ!」と

CDを貸してもらったのがきっかけでした。

それまではまさか歌っているとは思いもよりませんでした。

The Beatlesの曲では“Yellow Submarine”等でリードボーカルをとってます。


Ringo Starr - Yellow Submarine (live 2005) HQ 0815007

 

小さい時から病弱で入退院を繰り返していたRingo Starrは、

入院中に医者にドラムを教えてもらい、院内のバンドに加入したそうです。

(この「歌い手魂」でも、元々病弱だったから歌を練習するようになった、

 と言うミュージシャンも結構いる事を知りました)

ビートルズのオリジナルメンバーであるPete Bestが脱退した事で、

1962年にビートルズに加入し、デビュー。

ビートルズの活躍は割愛。

 

Paul McCartneyビートルズ脱退を表明する直前の1970年に

初の単独作品を発売し、それからソロ活動を開始。

1971年リリースの“It Don't Come Easy(明日への願い)”が初シングル。


Ringo Starr - It Don't Come Easy

ビルボードでは最高4位になったそうです。

 

George Harrisonとの共作“Photograph(想い出のフォトグラフ)”や

“You’re Sixteen”は全米チャートNo1を記録。

個人的にはYou’re Sixteen”の方が好きなのですが、

George Harrisonの追悼コンサートの動画が

とても素敵なので、ここはPhotograph”を。


Photograph - Ringo Starr [Concert for George; Royal Albert Hall; 2002].flv

参加しているアーティストも錚々たるメンバーです。

 

リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンド』は1989年結成。

アルコール依存症患者更生施設での治療を経て

カムバックした後の事だそうです。

Bruce Springsteenのバックバンドや

Eaglesの元メンバーなど…大物ミュージシャンばかりです。

 

アルバムのレコーディングにAlanis Morissetteも参加していた、

と言う事を今回初めて知ったので、

youtubeで検索したらAlanis MorissetteSteven Tylerとの

コラボ曲があったのでテンションが上がってしまいました。


Drift Away - Ringo Starr, Alanis Morissette & Steven Tyler (Promo Only)

調べてみたら1998年リリースの「Vertical Man」に

収録している曲だったので、要チェックです。

 

2014年にはビートルズ米国上陸50周年として、

グラミー賞授賞式でPaul McCartneyと共演。

歌はPaul McCartneyが歌ってますが、

とても感動的だったので“Hey Jude”を。


Hey Jude (Paul McCartney and Ringo Starr Grammy Salute to The Beatles) 2014-01-27

 

最後に『The Platters』の“Only You”のカバー。

1974年にリリースしていたそうですが、

とても意外なカバーの仕方に驚きました。


only you -Ringo Starr