SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

エール!

今週は計らずも借りたDVDがどちらも

家族をテーマにした音楽映画でした。

今回は着目点がユニークだった『エール!』。

f:id:livaeal:20161111203556j:plain

「フランスの音楽映画」とも言えば

何となく上流階級の香りがぷんぷんするものですが、

この作品は全くそんな偏見のない作品でした。

 

フランスの片田舎の農家であるベリエ家は、

高校生の長女ポーラ以外、全員が聴覚障害者。

ある日音楽教師トマソンに歌の才能を認められ、

パリの音楽学校で行われるオーディションを勧められたポーラは

喜ぶものの、歌声を聴けない家族から反対される。

家族のコミュニケーションに欠かせないポーラは、考えた揚げ句……。

(2014年・フランス)

 

演出方法がとても斬新で良かったです。

障害を扱うと言う事もあって、

繊細になりがちな所をコミカルに表現していて

そこにまた奥深さを感じました。

 

歌を含め、音楽と聴覚と言うのは結びついていて当然なのに、

そこを絡めてくるのが興味深いところでした。

耳は聞こえなくても伝わるものがある、

何を伝えたいのか、誰に伝えたいのか、

その存在が明確であればあるほど

響くものがあるのかも知れません。

 

耳の聞こえない両親に、どうやって「歌いたい」と伝えるか。

家族の要だった自分が、どうして家族と離れられるか。

いや、それはもしかしたら…

 

何よりも、この家族が明るくて陽気で、

愛に溢れていて、とっても素敵です。

 

ただ、歌を歌うシーンは期待してたほどありません。

 


映画『エール!』予告編