SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

歌い手魂其の八十四・Gladys Knight

歌い手魂

Elton John、Dionne Warwickと連続して

その共演作品を紹介したGladys Knight。

f:id:livaeal:20161123195402j:plain

『Gladys Knight & The Pips』として、その名を広めました。

 

 個人的に「これがきっかけで」と言った曲があるわけではないのですが、

いつの間にか「大御所」として認識していました。

多分前回紹介したPatti LaBelle・Dionne Warwickと

コラボした“Superwoman”がきっかけだと思います。

折角なので、前回とは違うバージョンの動画を。


Superwoman - Performed by Gladys Knight, Patti LaBelle, and Dionne Warwick

とにかく圧巻!!

Dionne Warwickから今回のGladys Knightとなると、

次はPatti LaBelleでしょ、と言う所は外して行きます。

 

1961年に兄弟・いとことで結成した『The Pips』でデビュー。

『Gladys Knight & The Pips』と改名し、

1967年の“I Heard it Through the Grapevine(悲しいうわさ)”、

1973年の“Midnight Train to Georgia(夜汽車よ!ジョージアへ)”等、

ヒットを連発。

“Midnight Train to Georgia”と“Neither One of Us”のメドレーを。


Gladys Knight & The Pips - Midnight Train to Georgia & Neither One of Us

 

それからしばらくはレコード会社との契約問題上、

The Pipsでの活動は出来なくなるものの

1986年のDionne Warwick・Elton JohnStevie Wonderとの共演作

“That's What Friends Are For(愛のハーモニー)”で再び脚光を浴び、

The Pipsも復活しました。

その曲をDionne Warwick・Diana Rossと歌っている動画があったので。


Dionne Warwick, Gladys Knight, Diana Ross - Thats What Friends Are For 1987

後半からは誰が歌っているのか分かりませんが、

凄いメンバーが揃っている事は間違いありません。

 

1989年公開の『007 消されたライセンス』の主題歌、

“License To Kill”で知っている方もいらっしゃるでしょう。


Gladys Knight - Licence To Kill

 

Gloria Gaynorの曲で知られている(個人的にもとても好きな曲です)

“I Will Survive”をカバーしていたので、それを最後に。

ディスコミュージックとして有名な曲だけにとても新鮮なアレンジです。

そしてそれがGladys Knightの歌唱をまた引き立てています。


Gladys knight - I will survive - 1982