SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

天使にラブ・ソングを2

前回に引き続き、今回は勿論『天使にラブ・ソングを2』。

f:id:livaeal:20161225103038j:plain

“2”が作られる映画って、2は期待外れの事が多いのですが、

この作品は1も2も楽しくて大好きです。

 

セント・キャスリン修道院のシスターたちは、

社会奉仕先の高校でワルガキ相手にお手上げ状態。

そこで、今やラスベガスの二流スターとして

忙しいデロリスに懇願。

そこは彼女の母校であり修道院長の頼みとあれば断れず、

音楽担当として着任してみると、予想以上の悪童たち。

何とか学校を楽しくしようとデロリスは聖歌隊の結成を提案する。

(1993年・アメリカ)

 

最近観た「学園音楽映画」を鑑みても

そう思わざるを得ないんですが、

この時代のアメリカって財政難のシワ寄せが

教育に来ていた事が多かったんでしょうね。

 

最初に授業を毛嫌いする生徒の気持ちも分かりますし、

そんな中でウーピー・ゴールドバーグ扮するデロリスが

受け入れられるのは、やっぱり真っすぐで対等で、

音楽に対する情熱であったり

音楽そのものの力を信じているからこそだと思います。

また、生徒たちは一度受け入れたものには

思いも寄らない力を発揮するから本当に素晴らしい。

 

シスター達のキャラクターもより立っているし、

生徒の個性も光っていて楽しいです。

そして、改めてローリン・ヒルの声や歌の魅力に

惹きつけられる私でありました。

 

1・2どちらとも、音楽の楽しさが溢れ出しているし、

観ながらもリズムに乗る体を抑えられません。

久しぶりに観た作品ですが、早くもまた観たくなりました。

そして、ウーピー・ゴールドバーグの別の作品も。

 

この作品は是非エンドロールまでお楽しみください。

 

youtu.be