SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

歌い手魂其の八十九・George Michael

歌い手魂

急逝の原因はまだ明らかになっていませんが、

本当に急の出来事だったし、

「クリスマスの夜」と言うのがあまりにも似合いすぎる…。

今回は先日お亡くなりになった、George Michael

f:id:livaeal:20161227132001j:plain

言わずもがな『Wham!』のボーカリストで、

その後もソロ活動を行っていた世界的ミュージシャンです。

 

クリスマスに“Last Christmas”を聴かない年はないくらい、

あまりにも有名なクリスマスソングは1984年リリースの曲。


Wham! - Last Christmas

私は中学の時の英語の授業で習いました。

この曲は『Wham!』名義ではありますが、

実際にはGeorge Michaelが一人で演奏しているそうです。

 

Wham!』は1981年結成、1983年にメジャーデビュー。

デビューアルバムは初登場にして一位を獲得。

その中から“Bad Boys”。


Wham! - Bad Boys

 

1984年リリースのアルバム『Make It Big』からは

数々の大ヒット曲が生まれました。

“Careless Whisper”もその中の一曲。

ユニット版とソロ版のMVがありましたがここはあえてソロ版を。


George Michael - Careless Whisper (Official Video)

あまり知らなくても聴いた事がある人は多いと思います。

 

Wham!』は1986年に解散し、それぞれソロ活動を始めます。

Aretha Franklinとのデュエット曲“I Knew You Were Waiting (For Me)”は

1987年にリリースし、大ヒット。


George Michael, Aretha Franklin - I Knew You Were Waiting (For Me)

正直、私はGeorge Michaelの事はほとんど知りませんでしたが、

Aretha Franklinは聴いていたのでこの曲は知っていました。

 

1987年にソロとしては初のアルバム『Faith』をリリース。

タイトルにもなっている“Faith”は、今聴いてもカッコいい。


George Michael - Faith (US Version)

白人として初めてブラックアルバムレギュラーチャート1位、

またしても新たなる記録を打ち立てたのです。

 

先述したAretha Franklin始め、

多くの名だたるアーティストとの共演をしています。

まずはElton Johnとの “Don't Let The Sun Go Down On Me”。


George Michael, Elton John - Don't Let The Sun Go Down On Me (Live)

 

Freddie Mercuryのトリビュート曲、

Queenの“Somebody to Love”。


Queen & George Michael - Somebody to Love (The Freddie Mercury Tribute Concert)

 

残念ながら動画はありませんが、Mary J. Bligeとの“As”。


George Michael feat. Mary J. Blige - AS

 

Whitney Houstonとの“If I Told You That”。


Whitney Houston, George Michael - If I Told You That

 

これも動画はありませんが、

Paul McCartneyとの“Heal the Pain”。


Heal The Pain - George Michael & Paul McCartney

 

最後に2014年リリースの“Let Her Down Easy”。


George Michael - Let Her Down Easy

これが彼の最後のシングルとなってしまったのでしょうか。

とても美しい曲です。