SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

Good And Talented

about

「ぐ」が回ってきて、あれこれと考えていたんですが、
丁度読んでいた本でいい言葉があったので
今回はそれを紹介したいと思います。

“GOOD AND TALENTED
 あなたは才能あふれる、よき人です

 「自分はいい人間だ」「才能がある」と認めるのは、
 傲慢でも自己中心的でもありません。
 純粋に事実を認めているだけ、です。

 絵でも執筆でも接客でも、
 「私には才能がある」と認めて、楽しんでしていれば、
 その才能は必ず大きくなっていきます。
 そして、理解してくれる人が現れてきます
 「自分に才能なんてあるわけない」
 と否定することこそ傲慢です。
 「ほかの人が、あなたに才能があると思うか」
 も、気にしないでください。
 どうでもいいことだからです。”

ウィリアム・レーネンさんの
『生き方の答えが見つかる本』の1ページです。

生き方の答え


勿論他にも沢山良い文章はありましたし、
この本の読み方は悩んだり何か答えが欲しい時に
直感で開いたページに書いてあることを
その時の指針にしてほしいと言った事が書いてありましたが、
何しろ図書館で借りた物ですから
一気読みした私ですw

特に日本人は謙虚である事を良しとする文化ですから、
「私は才能に溢れている」なんて中々思えるものではありません。
謙虚である事は確かに重要な事に変わりはありませんが、
自分が何らかの才能を持っていると自覚する事と
謙虚である事には何も矛盾は生じません。

「謙虚である事=自己卑下する事」ではないのですから。

自信を持つ事はとても難しい事だと思います。
私自身、何に関しても「私なんてまだまだです」と感じる事ばかりです。

でも、「私はこの才能がある」と考えて行動するだけで
変わってくる事はきっと沢山ある様な気がします。

また“「自分に才能なんてあるわけない」と否定することこそ傲慢です。”
という一文は、新しい価値観を与えてくれました。
皆が皆、才能を持っていると思いつつ、
やはり「自分なんてとんでもない」という気持ちも分かりますから。


ウィリアム・レーネンさんの本を読んだのは初めてですが
サイキックチャネラーとして
アメリカを中心に多くのメディアや著書で活躍されている方です。

スピリチュアルな世界はそれぞれの好き嫌いもありますから
興味がある方は日本版のブログもあるので覗いてみて下さい。

IBOK Japan


と言う事で次は「ど」か「と」でパー

悠久子



─── /| ─────────────────────
── //| ─ 卜、─────過去の記事はこちら  
── |   | ─ |ヽ ────Livaealの無料動画をチェック!
──_|  (ノ─ _| 丿───
─ (ノ──  (ノ ───