SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

ノロウイルス

今までインフルエンザには罹ったことないけど、
胃腸の弱い私、ノロウイルスには2〜3回罹りました。

と言っても、それが実際ノロウイルスかどうかは
別途検査をしないといけないので、
症状を言った上で「多分ノロウイルスでしょう」と
言われただけなのですが。

ノロウイルスが発生しやすい期間は
12〜1月と言う事なので、
まだ安心は出来ませんが
今年は無事乗り越え(?)られそうです。

基本的には食中毒の一種なのですが、
私の場合、ほぼ人感染でした。
よく牡蠣から感染する事が多いと聞きますが、
私にとっては高級食材の牡蠣。
牡蠣が原因なら、それはそれで本望です(笑)

「これが原因だ」と明らかだったのは1度。
酔っ払いの友達を介抱した時に、
その吐瀉物を掃除しながら朝まで過ごした後。
彼女もノロウイルスに罹っていたと言うのを聞いて、
「あ、これはあれが原因だな」と確信したくらい。

後は良く分かりません。

元々胃腸の免疫力が低いんでしょうね。
感染した人が必ず発症するものではないですから。

これは罹った人にしか分からないですが、
本当に苦しいです。
一番の症状は嘔吐・下痢ですが、
吐いても吐いても吐くものがなくなっても
なお戻そうとします。
水分補給は大事ですが、
水分を補給した途端、また戻す、の繰り返し。
知り合いはトイレに布団を持ち込んだ、と
言っていましたが、それも納得できるくらい
トイレとお友達になります。

症状が治まるまでとりあえず耐えるしかないので、
出来るものなら二度とお世話になりたくないものです。


感染の予防法はしっかり手洗いをするに限ります。
牡蠣やアサリなどの二枚貝には
しっかり火を通す事も重要ですが、
生牡蠣が美味しいのも分かるから
そこは何とも言えない所…

免疫力との関係があるのかと思って調べてみたら、
ノロウイルスの感染と免疫力との関連性は不明だそうです。

また、ノロウイルスは、血液型で感染率に差があり、
遺伝的に発病しやすい人と発病しにくい人がいるそうです。
それはABO式血液型では判断がつかないみたいですが。

ノロウイルスの感染で短期の免疫が獲得されることは
間違いないらしいですが、
「しばらくは同じ種類のノロウイルスにやられることはありませんが、
 ノロウイルスには、たくさんの遺伝子型があるので、
 種類の違うノロウイルスだと、また感染してしまう」そうです。
その為に、1シーズンでも何度も罹ってしまうこともあるようです。


まあ、免疫力との関連性は不明とは言えども、
子供やお年寄り・妊婦さんなど、
免疫力が低い人は罹りやすいものであるのは事実なので、
免疫力を高める事もやはり大事だと思います。

私は罹りやすいので免疫力を高める事と、
この時期は丁寧な手洗いと加熱の必要性を心がけなくては。
…でも生牡蠣は美味しいもん…


とにもかくにも、気を付けて下さい。
本当に苦しいですからドクロ


と言う事で、次は「す」でパー

悠久子



─── /| ─────────────────────
── //| ─ 卜、─────過去の記事はこちら  
── |   | ─ |ヽ ────Livaealの無料動画をチェック!
──_|  (ノ─ _| 丿───
─ (ノ──  (ノ ───