SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

Amy winehouse

どもdeeです。

今回は「A」から「Amy Winehouse」でいきましょう。

カートコバーンに次いでClub27に入ってしまった
エイミーワインハウス。2011年に満27歳で亡くなっています。
(27歳で他界したロックやブルースの音楽家達をclub27と呼ばれています)

ハスキーな歌唱が持ち味で、インパクトある歌声です。

父がジャズシンガーでシナトラやエラ・フィッツジェラルドを聞かせ
母からはジェームステイラーやキャロルキングといった
シンガーソングライターを聴かされ育ったとのこと。
おばあちゃんもジャズシンガーだったようです。

学力は優秀で飛び級進学も果たしたそうですが
校則違反の退学をくらってます。
シンガーとして評価は早いうちから広まっており
17歳で複数のレーベルからコンタクトがあり
ユニバーサルと契約、1stアルバムはUKでブレイクし
2ndアルバムで世界的ヒット、グラミーも5部門で受賞するという
成功ぶりです。

ここまでは順調なキャリアでしたが
2007年の結婚を期に、夫の影響によって
アルコールとドラッグの依存症になります。
夫とも共依存的な関係にあったのか
逮捕されては破局と復縁を繰り返す仲となります。

夫のシビルは結婚後まもなく酒場で店主を殴り
さらにその店主に対し訴えを取り下げるように迫るなどし
逮捕・拘留された実際の夫婦生活は短かったようです。
しかも拘留中にも女囚に手を出すなど女性関係にもルーズな男でした。
エイミー自身はシビルを理解者と受け止め
逮捕拘留中にも夫に会いたいと泣き叫び、
ドラッグに溺れていったそうです。
離婚後も再度婚約したり、さらに婚約解消したりと泥沼。

その後、新しい恋人の元本格的な復帰を目指していましたが
依存症の克服には困難を極めたそうです。
死去1ヶ月前のライブでも
泥酔しまともに歌うこともできない状態で登場、
途中でライブを何度も中断し観客からブーイングを浴び
以後直近の公演も直ちに中止が発表されたそうです。

2011年7/23には自宅で遺体で発見されました。
家族は否定してますが、アルコール中毒が死因と警察からは発表されています。
寝室の床には2本の空のウォッカの瓶が置いてありました。
ドラッグについては言及されていません。

稀有な才能を持ちながら、破滅的な人生になってしまったのが
残念でなりません。
ちなみにドラッグを教えたのは元夫のシヴィルですが
その前にアルコール依存症で拒食症だったとのこと。
シヴィルはハードドラッガーでエイミーがドラッグを辞めようと試みると
彼女にヘロインを打ち続けて病院搬送騒ぎになるクズっぷり。
デビュー当時と死の直前では見た目がすっかり変わっていたそうです。

彼女の死を発見したボディガードは死の前夜に
エイミーが自身の歌うYOUTUBEの動画を見ていたという発言をしてます。
当時、ライブもままならない状態だったエイミーは何を思って
自分の歌う姿を見ていたのでしょうか。

昨年、エイミーのドキュメンタリー映画が公開されUKでは大ヒットしているとのこと。
日本では16年夏に公開だとか。