SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

electrical parade

about

どもdeeです。

「e」で「electrical parade」でいきましょう。

東京ディズニーランドで初めて行われた夜のパレードで

マイナーチェンジをしながら、現在も継続されて行われています。

電球や光ファイバー、発光ダイオード等を用い装飾したフロートに乗った出演者が

踊りやパフォーマンスを行いながらパレードしていきます。


ちなみに現在の名称は

東京ディズニーランドエレクトリカルパレード・ドリームライツ」

だそうで。

使用されているあの有名曲、

ちゃんちゃららんら〜♪

あの曲はディズニーのオリジナルではありません。

ペリー&キングスレイというアーティストが

1967年発表したシンセアルバムに収録されている

バロック・ホウダウンという曲になります。

ちなみディズニーはペリー&キングスレイに使用許可を確認しなかったらしく

ペリーがディズニーランドで自分の曲が

使用されているのを知ったのは1980年のことだったとか。


ただディズニー側も無断で曲を使用したわけではないらしく

実際には版権元の出版社に許可をとっていました。

その出版社から本人たちに連絡がいっていなかったようです。



バロック・ホウダウンが収録されてあるアルバムは

アナログシンセのムーグを中心にそえたちょっと実験的な

電子音楽になってます。

結構レトロなテクノといった趣きで

俺はアナログシンセのスペーシーな感じが大好物です。

アルバムの名前は

Kaleidoscopic Vibrations: Spotlight on the Moog

当時、シンセは高級楽器だったため

しっかりとした音楽教育を受けた

インテリが使用することが多かったのです。

そのためクラシックの対位法を取り入れたり

チェンバロの編曲方法を取り入れたりしているとか。




ディズニーによってオーケストラルなアレンジを施され

現在では、各ディズニーキャラクターのテーマ曲の

メドレーになっています。

東京ディズニーランド版はフィナーレで

小さな世界のテーマでアレンジされているんですが

またあのアレンジが素晴らしいんですよねー。


youtubeには2006年にジャン・ジャック・ペリー本人が

演奏するバロック・ホウダウンの動画がありました。

この曲をエレクトリカルパレードに採用した

ディズニーのプロデューサー、ボブ・ジャニの気持ちが解りますw

てなわけで次回「e/と」で!