SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

カルテット!人生のオペラハウス

音楽映画

前回のオペラ物から引き続き、今回は『カルテット!人生のオペラハウス』。

f:id:livaeal:20170102154116j:plain

思っていたより、音楽が全面に出てくるのは後半でした。

 

第一線を退いた音楽家たちが生活している

「ビーチャム・ハウス」では、

経営難のホーム存続を懸けてコンサートの準備に追われていた。

そこで余生を過ごすレジー、シシー、ウィルフたちのもとに、

かつてのカルテット仲間だったものの確執を残して去っていった

プリマドンナのジーンが入居する。

コンサートを控えたメンバーは、

疎遠だった彼女との再会に当惑するが…。

(2012年・イギリス)

 

物語のあらすじを知らないまま観ると、

最初に人物像をつかむのに時間がかかりました。

人間関係やバックグラウンドが複雑で、

余計に分かりにくくもあります。

 

その中で、それぞれのキャラクターをつかめてきたら

次第にその面白さや年を取っても変わらない

個性の在り方なんかを面白く思えるんですが。

 

全編クラシックに包まれてはいるんですが、

音楽や歌に見入るシーンがあまりにも偏ってる。

そういうのも込みで後半は好きですけど。

 

「年老いた人が持つ、いつかの栄光」。

哀愁を感じざるを得ませんが。

哀愁ならまだましだとも言えます。

とても難しいテーマだからこそ、

明るく演出したのかな、とも思えるし。

と言う事で、最終的に「んー」な感覚が

ずっとあり続けました。

 


映画『カルテット!人生のオペラハウス』予告編

エンドロールは素敵でした。