SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

レ・ミゼラブル

前回から引き続き、今回もオペラ作品を。

今回は個人的には本当に大好きな深い映画『レ・ミゼラブル』。

f:id:livaeal:20170114132538j:plain

もう、涙なしには観られない。

 

1815年、ジャン・バルジャンは、

19年も刑務所にいたが仮釈放されることに。

老司教の銀食器を盗むが、司教の慈悲に触れ改心する。

1823年、工場主として成功を収め市長になった彼は、

以前自分の工場で働いていて、

娘を養うため極貧生活を送るファンテーヌと知り合い、

幼い娘の面倒を見ると約束。

そんなある日、バルジャン逮捕の知らせを耳にした彼は、

法廷で自分の正体を明かし再び追われることになってしまい…。

(2012年・イギリス)

 

私は日本で公開された時に映画館で観ました。

全編歌だし、2時間半と言う長時間。

正直「大丈夫かな」と思っていたのですが、

もう何度も何度も涙が流れました。

そしてそれ以来今回改めて観返したのですが、

それにも関わらず目が疲れるほどまた泣きました。

 

まず、一見して伝わる俳優さん達の覚悟。

主人公のジャン・バルジャンヒュー・ジャックマンが演じていて、

私は彼をそれまで他の作品で観ていたし勿論知っていたのに、

途中までそれがヒュー・ジャックマンだと分かりませんでした。

また、俳優さん達だけじゃなく、エキストラの人達も

すごく張りつめた演技で、この作品を支えています。

どんなにお金をかけたとしても、

こういう題材の映画はそこまで良くならない事が多いですが、

この作品については本当に例外です。

 

前半の観所、ファンティーヌの“夢破れて”は

屈辱・哀愁・虚しさ…あらゆる悲しみの感情が

詰め込まれていて、アン・ハサウェイの演技・歌ともに

素晴らしかったです。

 

個人的に、「全編歌」と言うのはちょっと苦手なんですが、

この作品はそんな事を感じる事はなく、

むしろメロディとハーモニーの美しさが

さらに感情を震わせるという相乗効果。

それはもう圧倒的でした。

 

2時間半と言えば長いけど、それだけの価値があります。

あらゆる感情が凝縮された作品。

 

感動的する映画は沢山あるけれども、

こんなに泣く回数の多い映画は今までにはありませんでした。

色んな観点からして、一押しの作品です。

 


映画『レ・ミゼラブル』予告編