SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

マイ・フェア・レディ

前回『舞妓はレディ』を紹介したので、

今回はそのオマージュ作品『マイ・フェア・レディ』を。

f:id:livaeal:20170126162702j:plain

オードリー・ヘプバーンの代表作の一つ。

 

ロンドンの下町、夜の巷で花を売っていた少女イライザ。

そこへたまたま通りかかったヘンリー・ヒギンズは、

彼女の余りにもひどい訛りに対し、

正しい発声と淑女としての行儀を身に付けさせると断言する…。

(1964年・アメリカ)

 

丁度オードリー・ヘプバーンの作品を観たいと思っていた

ところだったので、改めて彼女の魅力を感じられて

他の作品も観たいと思った限りです。

 

何よりオードリーの表情の素敵さに惹き付けられます。

最初の手の付けようがない野蛮な感じも、

教育を受けた後の凛とした美しさも、

どちらにしてもオードリーだからこそ見せられる

魅力なのだと思います。

“永遠の妖精”と言われるオードリーですが、

彼女の作品を見ていたらその言葉が本当にしっくりきます。

 

でも、イライザの歌のシーンはおよそ90%が

マーニ・ニクソンによる吹き替えだそうで

それは今回初めて知りました。

後、どうしようもないイライザの父親役が

キャラとしては好きです。(ひどい親だけど)

 

因みに『マイ・フェア・レディ』は、

日本人の芸能人主演のミュージカルにも行った事があるのですが、

それが思いの外退屈で驚いた事が忘れられません…。

そういう思い出も、有名な作品ならではなのでしょうね。

(出演者が悪かったわけではありませんので悪しからず)

 


Marni Nixon 映画「マイ・フェア・レディ」 踊り明かそう I Could Have Danced All Night