SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

歌い手魂其の九十五・斉藤和義

歌い手魂

前回の『ゆず』と共演していた動画を紹介したので

今回は斉藤和義さん。

f:id:livaeal:20170118195916j:plain

飄々としていて、いい感じで力が抜けていて、

いつでもぶれない強さを持っている素敵な方。

 

歌うたいのバラッド”は大好きな大好きなラブソング。


斉藤和義 - 歌うたいのバラッド 【MUSIC VIDEO Short】

最初にこの曲を知ったのは、

大学の時に同級生が弾き語りで歌っていたのがきっかけですが、

今ではLivaealでもカバーさせて頂いている

本当に思い入れの深い曲です。

以前はyoutubeでMVを全編観れたのですが、

今はショートバージョンになってます。

このMVも大好きで、今でも泣ける自信しかありません。

 

1992年にオーディション番組で5週勝ち抜きした後、

1993年に“僕の見たビートルズはTVの中”でデビュー。

1994年リリースの“歩いて帰ろう”がポンキッキーズで流れてた時は

子供心に「何か違う」感を受けていました。

田島貴男さんとのコラボバージョンがとても素敵。


斉藤和義×田島貴男  歩いて帰ろう

ちなみにこの曲はクレモンティーヌがボサノバアレンジした

フランス語バージョンをデュエットしています。

 

お薦めの曲も沢山あってキリがありませんし、

動画自体もそんなにないので1995年リリースの“大丈夫”を。


斉藤和義 大丈夫 高画質 高音質

 

“幸福な朝食退屈な夕食”を聴いた時は衝撃的でした。

映画『ゴールデンスランバー』の

エンディングになっていたのでそのシーンを。


ゴールデンスランバー GOLDEN SLUMBER ENDING (幸福 な 朝食 退屈な夕食)

実は初めて聴いたのはカラオケでした。

「本当はカッコいいんだろう」と思いながら

冷静に見ていましたが…

 

私は作家の伊坂幸太郎さんも好きなのですが、

伊坂さんが斉藤和義さんのファンだと言う事もあり

伊坂作品と関わる機会の多い斉藤さん。

伊坂幸太郎さんが書いた小説『アイネクライネ』を元に、

斉藤和義さんが“ベリーベリーストロング 〜アイネクライネ〜”を

作詞作曲したというのも面白いお話です。


斉藤和義 - ベリーベリーストロング~アイネクライネ

 

知名度が上がったのは2007~08年くらいだそうです。

確かに “ウエディング・ソング”はCMでもよく聴きました。


斉藤和義 - ウエディング・ソング

このさりげなさ、この感じが斉藤さんらしいし、

そこがまたいいのです。

 

2010年リリースの“ずっと好きだった”は

奥田民生さんとのコラボバージョンを。


斉藤和義×奥田民生 ずっと好きだった

因みに奥田民生さんのトリビュートアルバムでは

斉藤和義さんは“カヌー”を歌っています。

 

トリビュートアルバムもそうですが、参加作品がまた多い。

「これは聴いてみたい!」と言う作品が沢山ありました。

数年前に男性ボーカルの人とカバーをする機会があって、

その時に教えてもらったのは『BONNIE PINK』とのコラボ、

サザンオールスターズ』の“真夏の果実”。


真夏の果実

原曲の素晴らしさは言うまでもありませんが、

二人のハモリが切なさを引き立たせます。

 

最後に2011年リリースの“優しくなりたい”。

このMVはかなり洒落が効いてて好きです。

超ショートバージョンですが。


斉藤和義 - やさしくなりたい 【MUSIC VIDEO Short.】

ビートルズをオマージュに、浜田岳さんにリリーさんに、

まさか小堀さんまで(お笑いも好きな私)…。