SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

アイデン&ティティ

以前『色即ぜねれいしょん』を観た時から気になっていた

みうらじゅんさん原作、田口トモロヲさん監督、

工藤官九郎さん脚本の『アイデン&ティティ』。

f:id:livaeal:20170202195718j:plain

「すごく好き!!」と言うほどではないけど、

「何と言うか…好き」です。

 

ギターの中島、ボーカルのジョニー、ベースのトシ、

ドラムの豆蔵の4人組ロックバンド“SPEED WAY”は、

一大バンド・ブームに乗ってメジャーデビューを果たし、

ファーストシングルもヒットして順調な滑り出しを切っていた。

だが同時に、彼らは“売れる歌”と“ほんとうに歌いたい歌”の

狭間で悩み続けていた。

そんなある日の夜、創作活動の行き詰まりに苦しむ中島の前に、

ボブ・ディランに似た風貌の“ロックの神様”が現われる。

以来自分の前にだけ頻繁に現われるその姿を見て、

中島はロックから遠ざかっていく自分を

否応なく自覚してしまうのだった…。

(2003年・日本)

 

全体的にこの映画の芯にばらつきが感じられたのは残念ですが、

最初のシーンでみうらさんの言った

「死ぬまでロックしたらいいじゃん」と言う言葉にはしびれました。

 

脇を固める俳優さんが豪華なんですが、

個人的には特に大森南朋さんが

(ベーシストとして)出てるのが意外でした。

 

ブームに流される悲しきバンドマン。

私はブームに乗ってないしTVにも出てないけど、

音楽をする者として共感出来る所は多々ありました。

そしてテーマにもなっている(と思う)「日本とロック」。

とても興味深いものであります。

 

色即ぜねれいしょん』でも思いましたが、

ミュージシャンが主役を演じるのは

独特の雰囲気があって私は好きです。

が、それが万人受けしない事も分かります。

それを分かった上での配役と演出に、

独特のものがあると思いますし

言いようのない“淡さ”を感じます。

 

でも彼女が彼氏の事を「キミ」って呼ぶのには、

結局慣れなかったかな…。

 


『アイデン&ティティ』予告編