SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

歌い手魂其の九十八・上田正樹

歌い手魂

前回紹介した有山じゅんじさんと大分一緒に

活動していらっしゃった上田正樹さん。

f:id:livaeal:20170213195451j:plain

大阪の代表的ミュージシャンのお一人です。

 

上田正樹さんと言えば“悲しい色やね”をまず思い出します。


上田正樹 悲しい色やね ~OSAKA BAY BLUES.MP4

関西弁とブルースの相性は何でこんなにいいんでしょうか。

太くてちょっと嗄れた声が味わいを更に深めています。

 

デビューは1972年ですが、前回も紹介した

上田正樹とサウストゥサウス』で注目を浴びました。

動画はありませんが、とてもカッコいいので“最終電車”を。


上田正樹とSouth To South - 最終電車

 

上田正樹さんの歌唱や有山じゅんじさんのギターは勿論ですが、

バンド全体のクオリティがとても高いのにびっくりです。


上田正樹とサウストゥ サウス

グループは1976年に解散し、ソロデビュー。

 

大阪の代表的な曲『BORO』の“大阪で生まれた女”を

これまた大阪の代表的ミュージシャン桑名正博さんと

歌っている動画がありました。


大阪で生まれた女 上田正樹&桑名正博

かなり意外なアレンジですが。

 

1992年リリースの “わがまま”も有名です。


Masaki Ueda - Wagamama

 

活動は日本だけに留まらず、

特にアジア圏では広く受けいられているようですが、

動画を見ていると『上田正樹とサウストゥサウス』が

本当に多く、その頃の影響力を感じさせます。

また、カバーも数多くされていて、

特に素敵だし個人的にも好きな曲なので、

Louis Armstrongの“What a Wonderful World”を。


「What a Wonderful World」 上田正樹

 

最後はやっぱり上田正樹とサウストゥサウス』、

前回も紹介した曲で“俺の借金全部でなんぼや”を違うバージョンで。


俺の借金全部でなんぼや