SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

あの頃ペニー・レインと

音楽映画

久々に観たくなったお気に入り音楽映画、

今回は『あの頃ペニー・レインと』。

f:id:livaeal:20170221203117j:plain

以前観た時はこれ程ではなかったんですが、

今観ると前観た時よりずっと良くて、思わず涙しました。

 

キャメロン・クロウ監督が自身の体験を基に、

ブレイク寸前のロックバンドのツアーの同行取材を任された

15歳の少年の姿を描いた青春音楽ムービー。

15歳の少年ウィリアムは伝説的なロック・ライターに

自分の記事が気に入られ、ローリングストーン誌の仕事をもらう。

さっそく取材で楽屋を訪れた彼は、

ルーピーの中にいたペニー・レインに一目惚れする。

(2000年・アメリカ)

 

決めつけられた事から外れる、

もしかしたら教育の始まりはそこからなのかもしれない。

今だって、禁止にするからこそ魅力のあるものは多いし、

だからこそ影響力が大きいのは事実です…。

導入部でそう言った事を考えさせつつも、

単純に「色んな曲を聴きたい」とも思わせてくれる

何とも不思議な作品です。

 

ロックの「良き時代」を描いているだけあって、

今の音楽が商業に成り下がった事も考えさせられます。

個人的にこの映画の世界観・音楽観が好きというのもありますが。

 

ウィリアムの若さ・青さ・真面目さがたまらなくイイ。

その分、やるせなく・切なく、心に響きました。

真実のある場所、すれ違うものや触れ合うもの…。

始めて観た時には感じなかった様々な感情が

月日を経た今、確かに伝わってきました。

 


あの頃ペニー・レインと (字幕版)- 予告編