SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

ダンサー・イン・ザ・ダーク

フランス組曲』を観て、「抗えない無常・不条理」のようなものを

感じたので、久しぶりに『ダンサー・イン・ザ・ダーク』を観ました。

f:id:livaeal:20170311075633j:plain

今まで数回観ましたが、その度に感じる事が変わります。

 

60年代のアメリカ。

セルマは女手ひとつで息子のジーンを育てながら工場で働いている。

彼女に対して理解と愛情を持つ人々に囲まれ

満ち足りた生活を送っていた。ただ一つを除いて。

彼女は遺伝性の病のため視力が失われつつあり、

ジーンも手術を受けない限り同じ運命を辿ってしまうのだった。

そのために、内職もしてジーンの手術費用を貯えていた。

が、ある日工場を解雇されてしまい、貯めていたお金まで盗まれていた…。

(2000年・デンマーク

 

ストーリーも作風も、好き嫌いが分かれる作品だと思います。

カメラワークが独特で、ドキュメンタリーっぽい映像です。

その雰囲気でミュージカル仕立てと言うのはかなり斬新です。

 

良心と弱みにつけ込む、本当に遣る瀬無い内容。

どこで嘘をついて、どこで本音を言うのか、

嘘と真実の境界線は…?

結局それは自分の問題に限ったものではないので、

主人公のセルマの選択にもどかしさを感じる人は多いと思います。

でも、無邪気ゆえの哀しさが胸に広がります。

 

ミュージカル仕立てとは言ったものの、

こんなに楽しくないミュージカルはないのではないでしょうか。

とは言え、私はこの作品は(繰り返し観ているし)好きです。

特にやっぱりビョークの歌声と表情には観入ります。

 

初めて観た時は先輩と一緒に観たのですが、

感動していた私をよそに、先輩は「全然面白くなかった」と切り捨てました。

数回観て、その先輩の気持ちも分からないではなくなってきました。

セルマは何を信じ、何を貫き、何を受け入れていたのか。

それらを考えると共に、変えられたかもしれない未来なのに、と

やまない「どうして?」がぐるぐると巡ります。

 

観る時は、自分のコンディションの良い時がいいかもしれません。

暗い気分の時に観たら、余計落ちます。

 


映画「ダンサー・イン・ザ・ダーク」日本版劇場予告