SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ

音楽映画

前回に引き続き、楽しそうな映画を選びました。

今回は宮藤宮九郎さんの脚本・監督作品で話題になった

『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』を。

f:id:livaeal:20170314164215j:plain

好き嫌いは分かれそうな作品ですが、私は結構好きでした。

 

修学旅行で乗っていたバスが事故に遭ってしまった男子高校生・大助。

ふと目を覚ますと、炎が渦を巻く中で人々が

苦しめられている光景が目に飛び込んでくる。

地獄に落ちたと理解するも、同級生のひろ美に

思いを告げずに死んでしまったことに混乱する大助。

そんな彼の前に、地獄農業高校軽音楽部顧問にして

ロックバンドの地獄図のリーダーである赤鬼のキラーKが現れる。

彼の指導と特訓のもと、地獄から現世に戻ろうと悪戦苦闘する大助だが…。

(2016年・日本)

 

宮藤宮九郎さん監督独特の間の取り方や突っ込みなどの

掛け合いのテンポ感が好きです。

永瀬智也さんと神気隆之介さんのやり取りは相当息が合ってます。

 

かなりはっちゃけたコメディ映画なので、

皆さんそれぞれにハジけているのですが、

特に神木さんは一皮むけてるなぁと思いました。

 

「地獄のロックバンド」と言う設定自体、興味津津でしたが、

この映画、ちょっと出てくる人達がもうそれは豪華で。

名前を出せばキリがないけど、憂歌団の木村さんや

ギタリストのCharさん、ラーメンズの片桐さんなどなど…。

クドカンの人脈・人望の広さを感じます。

(この感覚は三谷幸喜さんにも通ずる)

また、音楽やちょっとした動作や道具などにも、

細部にまでこだわりを感じました。

 

まあ、何かと下ネタに走りやすいので、

本当に受け付けない人は受け付けないと思いますが…。

 

それぞれのキャラがかなり立っているので、

観ていて飽きません。 

ある意味キャラのオンパレードです。

 

そんなに真剣に観る映画ではないかもしれませんが、

個人的には時々観たくなりそうな作品だと思いました。

 


『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』予告編