SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

TINA

音楽映画

今週の「歌い手魂」でTina Turnerの事を紹介したので、

今回は彼女の半生を元に作られた『TINA』。

f:id:livaeal:20170331103013j:plain

作品自体良かったのですが、

主演のアンジェラ・バセットの表情が特に印象的でした。

 

ティナ・ターナーの波乱に満ちた半生記。

テネシーの片田舎で親戚に預けられ育ったティナは父なし子。

ようやく母と妹と暮らせるようになったが、生活は貧しかった。

やがて旅回りのR&Bバンドに魅了され、

都会へ出た彼女は人気バンドのリーダー、アイクと結ばれる。

彼のギターと彼女の唄で大いに売り出したコンビは、

ロック・ミュージシャンに支持され、国際的にも成功を収めるが、

70年代に入って人気は下落。

アイクは酒に溺れ、日夜、彼女を傷つける…。

(1993年・アメリカ)

 

中には宗教的な要素が強いと感じる人もいるだろうけど、

そういう偏見は抜きにしてまず観てほしいです。

 

アイクから受けたダメージはとても大きかっただろうけど、

アイクという存在があってこその今のTina Turnerだと思えば、

ある意味では感謝に値するのかもしれない。

それだけ、彼女の残した功績は素晴らしいと思います。

とは言えど、暴力や心に及ぼす影響…。

「私が頑張れば彼は良くなる」と考えるのも分かるし。

どこに重きを感じるのか、それによるコンプレックスや

だからこそ生じてしまうわだかまりがどうしてこうも

上手く作用しないどころか悪循環を生みだしてしまう現実。

色んな点から考えさせられます。

 

自分が得たい名誉を女に持って行かれた男。

その男の望みに応えようとする女。

よく分かるし、哀しいまでに男と女の違いを感じざるを得ません。

 

私は特に信仰は持っていないけれど、

信仰は救いだと思っています。

Tina Turnerを救ったものが何であれ、

今の彼女を支え、残し、つくってくれたものなのだから、

やはりそれはあって然るべきだったんだと思います。

 

最後にはTina Turnerの歌唱も入っていて、

観応え、聴き応えのある作品です。

 


What's Love Got to Do With It (1993) Trailer