SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

白い月

白い月

独り言だった 何もかもが

どうして?と 繰り返していた

 

笑う君を見るのは これで最後

だって もう僕は君と会わない

笑って 言葉を飲み込んでみせる

だって もう僕は大人だもの

 

別れ際に君が手渡したものは

思いも寄らぬ 手紙だった

 

夜に見えるはずの月が

どうしてか この青空の中にいた

独りがいいんだ 僕みたいなのは

どうしてなんて そう決まっているんだ

 

確かに君は 涙をこらえていた

もしかしたら後ろで 泣いていたかもしれない

笑って“またね”と手を振る君に

一体何を 僕はしてあげられたの?

 

近くにいたのに気付かなかった

本当の思いをしたためた 手紙が触れた

 

飾っていたかった 最後くらいはちゃんと

だからまっすぐ歩いたんだ

顔を上げて歩いていたよ

いつもと違う 薄い月を見ながら

 

近付いて 離れて 顔を見て

それが決められた事の様に

笑って 目を合わせては外したり

だってもう 君は君だもの

 

そんな君が何故今更

何を僕に伝えようと言うの?

笑ってみても ぎこちない空気と

晴れ渡る空の青が眩しい

月が 白い月が ずっと見ている