SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

歌い手魂其の百七・Amy Winehouse

ずっと気になっていたのですが、

ちょっと前にアルバムを聴いてハマってしまって

最近ドキュメンタリー映画を観て刺激を受けたので、

今回はAmy Winehouse

f:id:livaeal:20170420105025j:plain

ここ最近では珍しい『the 27 club』、27歳の若さでこの世を去った、

本当にもったいない才能のミュージシャンでした。

 

Amy Winehouseと言えばグラミー賞を受賞した“Rehab”が

最初に思い浮かびます。


Amy Winehouse - Rehab

初めてこの曲を聴いた時はカバー曲だと思いました。

それくらい熟した音楽だと改めて思います。

 

2003年の1st Album『Frank』でデビュー。

これがイギリスでヒットし、一躍トップスターになる。

本人は生音にとてもこだわりを持っていて、

音楽もほぼ電子音は使っていません。

そのアルバムの中からまずは“Stronger Than Me”。


Amy Winehouse - Stronger Than Me

まだ20代前半だというのに、

本当に熟成したような深い声が印象的です。

 

アルバム全体を通して聴いてもいかに彼女が

古き良き音楽を愛していたかを本当に感じます。

こちらも1st Albumから“Fuck Me Pumps”。


Amy Winehouse - Fuck Me Pumps

 

2006年の2nd Albumはイギリスで1位を獲得。

ヒットを続け、2007年に全英で一番売れたアルバムになったそうです。

アルバムのタイトルにもなった“Back To Black”。


Amy Winehouse - Back To Black

 

ただ純粋に音楽をやりたかっただけの彼女が、

一気にセレブの仲間入りをしてそのギャップに戸惑い、

ドラッグやお酒に溺れてしまったのは本当に遣る瀬無いです。

それだけ世界的セレブと言われる人たちの生活は

想像にも難い事なんだと思います。

2007年リリースの “You Know I'm No Good”。


Amy Winehouse - You Know I'm No Good

 

2016年に公開されたドキュメンタリー映画『AMY』を

最近観て、より一層Amy Winehouseに興味を抱きました。

amy-movie.jp

私が観た感想も個人ブログに載せたので、

興味がある方はご覧下さい。

yaplog.jp

 

最後に、Tony Bennettとジャズのスタンダード曲

“Body and Soul”をデュエットしている動画を。


Tony Bennett, Amy Winehouse - Body and Soul (from Duets II: The Great Performances)