SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

【DTM】ドラム打ち込みフレーズ(4) 簡単にドラムンベースサウンドのドラムを作る方法①

どもdeeです。

前回までは生ドラムっぽい8beatフレージングでしたが

16beatに行く前に簡単にドラムンベースサウンドのドラムを作る方法をば。

 

前回の記事です。

livaeal.hatenablog.com

 

まずちょっとだけヒップホップの楽曲作成について。

ヒップホップの楽曲作成方法はピアノやギターといった楽器を使用した

作曲方法とは異なります。

通常、レコードからフレーズを抜き出しサンプリングします。

そのフレーズをループさせたり編集して再構築しながら

曲の形にしていく方法がとれます。

なので音作りに関してはすでにプロのエンジニアが行ってあり

一流のミュージシャンのグルーヴとトーンが鳴っている音源で

楽曲を組み上げていくわけです。

当然、使用できるコードなどは制限されるわけで

後に他の楽器を足したり、1コードの曲としたり…

ヒップホップがイマイチ日本人に馴染まないのは

こういった1コードでの楽曲構成にもあるのかもしれません。

 

音ネタを抜き出す際にドラムソロ(ブレイク)の部分だけ

抜き出せばドラムだけのフレーズを手に入れることができます。

 

この手法で世界で最も有名なブレイクが

「Amen Break」と言われるドラムフレーズ。

これはWinstonsの「Amen Brother」の中のドラムソロを抜き出したものです。

 

youtu.be

 

 1:26から始まるドラムソロです。

このフレーズが抜き出されヒップホップで使用され、さらに

ブレイクビーツドラムンベースといったジャンルが産まれていきます。

 

日本では90年代、小室哲也さんがブレイクビーツの派生ジャンルである

ジャングルを流行らせました。H Jungle with TのJungleは

音楽ジャンルのジャングルのことです。

 

といつも通り前置きが長くなりました。

そんなブレイクビーツドラムンベース、ジャングルのフレージングを

お手軽に作る方法を紹介。

 

DB-Force The Amen

f:id:livaeal:20170427212715j:plain

実はフリーのVSTを使用します。

DB-ForceのThe Amen。ダウンロードはこちらから。

http://www.vst4free.com/free_vst.php?plugin=DB-Force_The_Amen&id=1789

まずスペック的には。。。

SynthEdit

MIDIノートC1-A4までフレーズがスライスされ自由にエディットできる

・ベロシティ101以上でリバース再生

・各スライスごとにエンベローブが設定可能

 

SynthEditですがいまどきのPCだと重さを感じたり

妙な挙動を示したりすることはなさそう。

なによりAmen Breakを使用するのにいちいちフレーズを

バラバラにしてサンプラーにぶち込む必要がないのがいいですw

そして音がいい。プリセットも素晴らしいです。

 

ちょっとアバンギャルドですがこんなフレーズをいれてみました。

ちょっと長いので雰囲気とらえてくれたら。

(1)

f:id:livaeal:20170427212905j:plain

(2)

f:id:livaeal:20170427212934j:plain

 

使っているプリセットは「Jungle Amen 1」です。

とりあえずプリセットを変えた以外はベタ打ちで

パラメータも変えていません。

実際に聞いてみましょう。

 

 

次回は他の機能ももうちょっとつかってみましょう。

次回の記事です。

livaeal.hatenablog.com