SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

歌い手魂其の百八・Brian Wilson(The Beach Boys)

「音楽映画」のカテゴリーで『The Beach Boys』の元リーダー

Brian Wilsonを主演にした『ラブ&マーシー』を紹介したので、

今回はそのBrian Wilsonを。

f:id:livaeal:20170427150648j:plain

映画を観るまで今もご活躍されているとは

存じ上げませんでした。

 

まずはその映画のタイトルにもなった“Love & Mercy”。


Love and Mercy - Brian Wilson

日本語訳は “愛と慈悲”です。

映画を観るとその内容もしみじみ心に響きます。

 

1961年に『The Beach Boys』を結成。

サーフ・ロックとして一躍有名になりました。

でもそれはDennis Wilsonの趣味で、

Brian Wilsonにサーフィンの趣味はなかったそうです。

デビューは小さなレーベルからでしたが、

キャピトル・レコードに移籍して第一段シングル

 “Surfin’ Safari”が全米14位のヒットを記録。


BEACH BOYS Surfin' safari 1962

 

“All Summer Long”も初期のヒット曲の一つ。


Beach Boys - All Summer Long

何のかんの言っても、ハーモニーは素晴らしいです。

 

Brian Wilsonが『The Beatles』の影響を受け、

コンセプトアルバム「Pet Sounds」をつくるも、

それまでのイメージとかけ離れていたため受け入れられなかったそう。

今ではロックの名盤として扱われていますが。

そのアルバムから“Wouldn't It Be Nice”。


The Beach Boys - Wouldn't It Be Nice (Original Video)

 

このアルバム作成後、Brian Wilsonはノイローゼになってしまいます。

アルバム『Smile』を制作中にドロップアウトしてしまいました。

その辺りが先述した映画『ラブ&マーシー』で赤裸々に

表現されていて、とても興味深い内容でした。

livaeal.hatenablog.com

 

その間にもバンドは活動していて、

“Good Vibrations”はその時期のヒット曲の一つです。


The Beach Boys - Good Vibrations

 

1985年の「ライブ・エイド」出演後、

ソロ活動に重点を置くようになります。

1988年に初のソロ・アルバムで完全復活を果たします。

The Beach Boys』の活動にも参加していましたが、

弟Carl Wilsonの死後、袂を頒ちソロ活動に専念したそうです。

2004年にグループ時代に制作断念していた『Smile』を

37年の年月を経て完成させています。

先述したGood Vibrations”と聴き比べても面白い。


Brian Wilson - Good Vibrations (SMILE)

 

今でも精力的に活動しているBrian Wilson

最後に2015年リリースの“The Right Time”を。

とても耳馴染みの良い曲で、彼の音楽観がストレートに入り込んできます。


Brian Wilson - The Right Time (Lyric Video) ft. Al Jardine, David Marks