SHIINBLOG

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

キャデラック・レコード

毎週(時に隔週)土日、マイペースに続けてきたこの「音楽映画」ですが、

気付くと今回で99回目、明日は記念すべき100回です。

あんまり意識せずに映画鑑賞をしていましたが、

折角なので今回は私が改めて観直したかった2作品を紹介します。

今回は登場人物を知っているとより楽しめる

実話に基づいた作品、『キャデラック・レコード』です。

f:id:livaeal:20170713162921j:plain

久しぶりに観たら、やっぱり印象が変わっていて

そういう部分も自分で面白かったです。

 

 

野心家の青年レナードは、物静かで思慮深い天才ギタリスト、

マディ・ウォーターズと衝動的なハーモニカ奏者

リトル・ウォルターに出会う。

発展しつつあったレコード・ビジネスのブームに

乗ろうとしたレナードは、彼らのアルバム作りを始めることにする。

1950年代のシカゴを中心に、伝説的なレコード・レーベル、

チェス・レコードと所属アーティストたちの盛衰を描く実話ドラマ。

(2008年・アメリカ)

 

初めて観た時、私の中で印象が強かったのがビヨンセが演じる

エタ・ジェイムズだったのですが、

彼女の出番は意外にも中盤以降でした。

それでもやっぱり彼女の歌うシーンは良かったです。

特に“All I Could Do Is Cry”は印象的で、

エタ・ジェイムズが歌っている実際の曲も聴き方が変わりました。

 

全体的に音楽はすごく好きだけど、

ただでさえ濃い登場人物が多くて説明っぽい感じがしました。

ちょっと焦点が散らばった印象が否めないかもしれません。

ただ、ブルースやロックンロールなど、

黒人音楽のルーツだったりその時代の背景を知る

一つのきっかけとしては良い映画だと思います。

個人的には映画としても好きですが、

伝記映画として観たらまた別の視点で楽しめます。

 

私が好きなジャンルの音楽というのもあり、

音楽はかなり楽しめます。

マディ・ウォーターズ、リトル・ウォルター、

エタ・ジェイムズ、チャック・ベリーハウリン・ウルフなど、

その時代のミュージシャンを改めて聴くも良し、

映画のサウンドトラック自体も聴きたいと思いました。

 


映画 「キャデラック・レコード」 予告編

広告を非表示にする