SHIINBLOG

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

ブタのマグカップ②

ずっと愛用してたブタのマグカップにヒビが入って使えなくなり結構へこみました。

とりあえずグラスで代用してましたが、やっぱりマグカップが落ち着きます。

それ以来事あるごとにマグカップをチェックしてましたが、

やっと可愛い子ちゃんと出会いました。

f:id:livaeal:20170724155231j:image

 マグカップ全体にブーちゃんが描かれてるのですが、

一箇所だけ後ろ姿と言うのもキュートです。

f:id:livaeal:20170724155330j:image

ワールド・クリエイトという会社の商品で、他の動物のマグカップもありました。

箱も可愛くて、捨てるのに躊躇した私でした。

f:id:livaeal:20170724155539j:image

音楽映画(51~100)・目次

51.天使にラブ・ソングを… - Liva's anything about...?

52.天使にラブ・ソングを2 - Liva's anything about...?

53.ワンチャンス - Liva's anything about...?

54.カルテット!人生のオペラハウス - Liva's anything about...?

55.オペラ座の怪人 - Liva's anything about...?

56.レ・ミゼラブル - Liva's anything about...?

57.チョコレートドーナツ - Liva's anything about...?

58.ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ - Liva's anything about...?

59.舞妓はレディ - Liva's anything about...?

60.マイ・フェア・レディ - Liva's anything about...?

61.雨に唄えば - Liva's anything about...?

62.ウエストサイド物語 - Liva's anything about...?

63.コーラスライン - Liva's anything about...?

64.サウンド・オブ・ミュージック - Liva's anything about...?

65.ロッカーズ - Liva's anything about...?

66.アイデン&ティティ - Liva's anything about...?

67.ロック・ザ・カスバ! - Liva's anything about...?

68.ロック・オブ・エイジズ - Liva's anything about...?

69.コヨーテ・アグリー - Liva's anything about...?

70.あの頃ペニー・レインと - Liva's anything about...?

71.フランス組曲 - Liva's anything about...?

72.ダンサー・イン・ザ・ダーク - Liva's anything about...?

73.あやしい彼女 - Liva's anything about...?

74.TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ - Liva's anything about...?

75.グランドフィナーレ - Liva's anything about...?

76.ラストコンサート - Liva's anything about...?

77.TINA - Liva's anything about...?

78.メリー・ポピンズ - Liva's anything about...?

79.ストレイト・アウタ・コンプトン - Liva's anything about...?

80.8Mile - Liva's anything about...?

81.シング・ストリート 未来へのうた - Liva's anything about...?

82.偉大なるマルグリット - Liva's anything about...?

83.ラブ&マーシー 終わらないメロディー - Liva's anything about...?

84.アイ・ソー・ザ・ライト - Liva's anything about...?

85.リトル・ヴォイス - Liva's anything about...?

86.Little DJ 小さな恋の物語 - Liva's anything about...?

87.タイヨウのうた - Liva's anything about...?

88.ハート・オブ・ミュージック - Liva's anything about...?

89.プライド - Liva's anything about...?

90.ドン・ジョヴァンニ - Liva's anything about...?

91.あまっちょろいラブソング - Liva's anything about...?

92.ソラニン - Liva's anything about...?

93.NANA - Liva's anything about...?

94.BECK - Liva's anything about...?

95.パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト - Liva's anything about...?

96.屋根の上のバイオリン弾き - Liva's anything about...?

97.DOPE/ドープ!! - Liva's anything about...?

98.EDEN/エデン - Liva's anything about...?

99.キャデラック・レコード - Liva's anything about...?

100.ドリームガールズ - Liva's anything about...?

 

囚われのオアシス

囚われのオアシス

渇いていた 歩き疲れて干上がった

私が辿り着いた オアシス

疑いもなく キラキラ光る幸せに

私の目を眩ました オアシス

 

この渇いた喉を潤した

あなたに間違いはないと

信じた先に 閉じ込められた

鉄柵に 気付かないままで

 

与えられた幸せを 拒むだなんて

誰が出来るの? 誰が出来る?

満たされた欲望を 虚しいだなんて

誰が言えるの? 誰が言える?

 

私が辿り着いた オアシス

疑いもなく キラキラ笑う幻に

私の心を奪った オアシス

 

この飢えた腹を埋めた

あなたに間違いはないと

信じた先に 決めつけていた

居場所を 探し続けたままで

 

履き違えた幸せを 切り捨てるなんて

誰が出来るの? 誰が出来る?

噛み違えた歯車を 元に戻すなんて

いつ出来るの? いつ出来る?

 

囚われていた あなたが囚われていた

このオアシスが 囚われていたのに

何度も頭を抱えて 罰していた

私もあなたも 囚われのオアシスの中

 

築き上げた幸せを 壊すだなんて

誰が出来るの? 誰が出来る?

それでも流れ出す涙を 隠し通すなんて

しなくていいの しなくていい

 

ドリームガールズ

今回の「音楽映画」は記念すべき100回目です。

前回に引き続き、私が改めて観返したかった映画

図らずも前回同様ビヨンセ主演の『ドリームガールズ』です。

f:id:livaeal:20170713174736j:plain

ブロードウェイ・ミュージカルが原作のゴージャスな作品です。

 

エフィー、ディーナ、ローレルの3人組は、

コーラスグループ“ドリーメッツ”を結成し、

成功を夢見てニューヨークへ旅立った。

やり手マネージャーのカーティスに見出され、

大スターのジェームズ・“サンダー”・アーリーの

バックコーラスとしてデビューするが…。

(2006年・アメリカ)

 

最初に観た時に、ダイアナ・ロスシュープリームス

モデルになっていると聴いていたので、

どうしてもビヨンセダイアナ・ロスを重ねて観てしまいます。

 

三人のハーモニーやジミーとの掛け合い、ステージングなど、

見応えも聴き応えもある豪華な映画です。

この映画でエフィー役のジェニファー・ハドソン

助演女優賞を獲得し話題になりましたが、

それも納得の存在感と圧倒的な歌唱力でした。

役柄もありますが、途中まで存在感を抑えていた

ビヨンセも個人的にはすごいとも思っています。

でもやっぱり、ジェニダー・ハドソンから目を離せません。

 

ショービズの裏側、その時代ならではの差別や苦悩、

しがらみなどよく表現されています。

グループゆえの一人一人の葛藤も上手く描いていて

共感出来る部分も多々ありました。

利益が関わると本当に大事なものを見失うのは、

悲しいかな世の常なんだなぁと感じずにはいられません。

 

音楽はそれぞれ素晴らしくてパンチがある上に、

巧妙なハーモニーが何とも言えません。

この作品も音楽を楽しむだけでも一見の価値があります。

特にモータウン好きにはたまらない作品です。

 


ドリームガールズ - 予告編

 

「音楽映画」だけで100作品なんてちょっと思いもしませんでしたが、

まだまだ観たい作品も紹介したい作品も残っているし、

思っているよりも新しい音楽映画が頻繁に作られているものです。

キャデラック・レコード

毎週(時に隔週)土日、マイペースに続けてきたこの「音楽映画」ですが、

気付くと今回で99回目、明日は記念すべき100回です。

あんまり意識せずに映画鑑賞をしていましたが、

折角なので今回は私が改めて観直したかった2作品を紹介します。

今回は登場人物を知っているとより楽しめる

実話に基づいた作品、『キャデラック・レコード』です。

f:id:livaeal:20170713162921j:plain

久しぶりに観たら、やっぱり印象が変わっていて

そういう部分も自分で面白かったです。

 

 

野心家の青年レナードは、物静かで思慮深い天才ギタリスト、

マディ・ウォーターズと衝動的なハーモニカ奏者

リトル・ウォルターに出会う。

発展しつつあったレコード・ビジネスのブームに

乗ろうとしたレナードは、彼らのアルバム作りを始めることにする。

1950年代のシカゴを中心に、伝説的なレコード・レーベル、

チェス・レコードと所属アーティストたちの盛衰を描く実話ドラマ。

(2008年・アメリカ)

 

初めて観た時、私の中で印象が強かったのがビヨンセが演じる

エタ・ジェイムズだったのですが、

彼女の出番は意外にも中盤以降でした。

それでもやっぱり彼女の歌うシーンは良かったです。

特に“All I Could Do Is Cry”は印象的で、

エタ・ジェイムズが歌っている実際の曲も聴き方が変わりました。

 

全体的に音楽はすごく好きだけど、

ただでさえ濃い登場人物が多くて説明っぽい感じがしました。

ちょっと焦点が散らばった印象が否めないかもしれません。

ただ、ブルースやロックンロールなど、

黒人音楽のルーツだったりその時代の背景を知る

一つのきっかけとしては良い映画だと思います。

個人的には映画としても好きですが、

伝記映画として観たらまた別の視点で楽しめます。

 

私が好きなジャンルの音楽というのもあり、

音楽はかなり楽しめます。

マディ・ウォーターズ、リトル・ウォルター、

エタ・ジェイムズ、チャック・ベリーハウリン・ウルフなど、

その時代のミュージシャンを改めて聴くも良し、

映画のサウンドトラック自体も聴きたいと思いました。

 


映画 「キャデラック・レコード」 予告編