SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

ソラニン

前回の『あまっちょろいラブソング』とちょっと

重なる部分があるかなと思って今回は『ソラニン』を鑑賞。

f:id:livaeal:20170515135844j:plain

この作品も以前から気になっていはいたのですが、

やっと今回観る事が出来ました。

 

OL2年目で会社を辞めた芽衣子と、

音楽の夢をあきらめられないフリーターの種田は

不透明な未来に確信が持てず、

互いに寄り添いながら東京の片隅で暮らしていた。

ある日、芽衣子の一言で仲間たちと

ソラニン」という曲を書き上げた種田は、

芽衣子と一緒にその曲をレコード会社に持ち込むが…。

(2010年・日本)

 

私も大学時代に軽音楽部に所属していたので、

思い起こすものが沢山あって泣けました。

学生の時にバンド活動とかしていた人には、

特に共感出来る部分が多い作品だと思います。

 

また、それぞれのキャラが立っていて面白い。

主人公の宮崎あおいさん、高良健吾さんを始め、

ドラムには桐谷健太さん、ベースは近藤洋一さん(サンボマスター)と、

とてもいい味出ています。

宮崎あおいさんは結構音楽映画に出てるけど、

彼女が演奏側に立つのは珍しくて新鮮でもありました。

 

一曲の歌でも、自分の環境によって受け取り方が違います。

その曲を自分なりに演奏してみることによって

新しく気付いたり感じたりすることは沢山あるものです。

それを客観的に見る事で、改めてそう感じました。

 

何かを背負った人が創り出すものは、

絶対的に何かが違うんだろうと思わざるを得ない、

儚くてがむしゃらな、素敵な作品でした。

 


映画『ソラニン』予告編

あまっちょろいラブソング

レンタルショップでお勧めのコーナーにおいてあり、

あらすじを読んで借りた『あまっちょろいラブソング』。

f:id:livaeal:20170515134528j:plain

何と言うか、正直惜しい感じがしました。

 

イタリア料理店でアルバイトをしながらバンド活動をするナオミは、

ほかのメンバーたちに脱退したいと告げられる。

さらに翌日にはマンネリ状態の恋人の小林からプロポーズされ、

これからは普通の幸せを手に入れようと心に決めるが…。

(2010年・日本)

 

ミュージシャンの下石奈緒美さんが主人公を演じていると書いてあり、

私は彼女の事を知らなかったので未知の期待感を抱きつつの鑑賞でした。

実際、彼女の雰囲気や全体的な良さは感じられるのに、

それが生かせていなくて勿体ないなぁと思いました。

 

見せ場や山場に乏しいから、ちょっと退屈になってしまいます。

さり気無い日常感であったり、

「ああ、こういうのあるな」と共感出来る部分はあるのに、

起伏がないのが本当に惜しい。

見せ方によってはもっといい作品になるのに、と思います。

 

人生は「こんなはずじゃなかった」の連続かもしれないし、

だからこそ共感する部分は多いんだけど、

それがあまりに多くて不憫になりました。

 

後は、折角「音楽」が軸にある映画なのに

思ったより音楽が少なかったので

もうちょっと入れて欲しかったかなぁ。

 


映画『あまっちょろいラブソング』予告編

ごめんなさい

ごめんなさい

ごめんなさい ごめんなさい

その思考を やめなさい

ありがとう ありがとう

そう感じることが あふれてる

 

存在自体が ごめんなさいと

何度も何度も 頭抱えた

そんな私を 認めてくれる

たった一人でも 大切にしたい

 

ここで命を 絶ったって

また生まれる 魂ならば

この命を 全うするだけ

 

ごめんなさい ごめんなさい

許されなくとも 繰り返す

ごめんなさい ごめんなさい

その先にあるものは 何?

許されたい その人が

許さない そんな私を

いつになったら 許せるの?

 

私が命を 絶ったとして

あの人は私を 受け入れるかしら?

苦しみと憎しみが 増えるだけ

 

ごめんなさいより もっと多くの

ありがとうを 私は思う

思いたい 思う以外にない

キレイ事でもいいから

ごめんなさいと思って生きるより

私にもあなたにも 絶対いい

歌い手魂其の百十・槇原敬之

前回一青窈さんとのコラボ曲を紹介したので、今回は槇原敬之さん。

f:id:livaeal:20170515134004j:plain

J-POPのシンガーソングライターとしては

ある意味モンスターだと思います。

 

個人的に思い入れのある曲は“北風~君にとどきますように~。

季節的には今と正反対ですが。


槇原敬之 - 北風 ~君にとどきますように~

 

デビューは1990年。

デビュー前に坂本龍一さんのラジオにデモテープを送って、

坂本龍一さんに「言う事なし」と絶賛と得たとか。

1991年リリースの“どんなときも。”が大ヒット。

自身初のミリオンセラーとなったそうです。


槇原敬之 - どんなときも。

改めてすごいセンスだと思います。

 

1992年リリースの“もう恋なんてしない”もミリオンセラー。

その年にリリースした『君は僕の宝物』もアルバムで初のミリオン達成。

そのアルバムに収録された“遠く遠く”も好きな曲です。

動画はありませんが秦基博さんとのコラボバージョンが

とてもよかったので、是非お聴きください。


槇原敬之×秦基博 「遠く遠く」

お二人の優しくて力強い声がキレイに絡み合って

素敵なハーモニーを奏でています。

 

かなり前ですが、曲作りをする時は、

「Bメロをマイナーにしてサビはメジャーにする」という事を仰っていて、

そういう曲作りをしない私からすると

「へぇ、そういう一般的に受ける曲作りの仕方があるんだぁ」と

何気に衝撃的だった事を覚えています。

 

1999年に覚せい剤所持で逮捕されましたが、

この事件があってご自身の中でも沢山の岐路になったようです。

詳しくは知りませんが、私もかなりびっくりしたニュースでした。

 

ご自身のヒット曲も勿論相当あるのですが、

2003年にSMAPに提供した“世界に一つだけの花”の

大ヒットはやっぱり欠かせません。

ダブルミリオンという快挙を出しました。


世界に一つだけの花 1万人の第九

 

私も大好きな中島みゆきさんのカバーを結構されているようで、

その中でも“ファイト!”は特に心に沁みます。


ファイト! 槇原敬之♡

 

作詞家作曲家としても、アレンジャーとしても、

歌い手としても、本当に多才な方だと思います。

久しぶりに槇原敬之さんのアルバムを聴き返しましたが、

色褪せないものだなぁと思いながら聴いていました。

 

最後に、“ANSWER”を『ゆず』とコラボしている動画があったので。

しっとりと聴かせてくれます。


Answer Yuzu Noriyuki Makihara

悠久子のお絵描き15

1.ブルゾンちえみさんの似顔絵

f:id:livaeal:20170524194403j:image

2.アタマ虫って言う人が多いみたい

f:id:livaeal:20170524194444j:image

f:id:livaeal:20170524194500j:image

3.南海キャンディーズの山ちゃんの似顔絵

f:id:livaeal:20170524194531j:image

4.ペン画にした方が似てました

f:id:livaeal:20170524194901j:image

5.捻挫して言われる事

f:id:livaeal:20170524194926j:image