SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

アイ・ソー・ザ・ライト

音楽映画

前回に引き続き、今回も実在した人物の作品を。

今回はカントリー歌手、ハンク・ウィリアムスの伝記映画、

『アイ・ソー・ザ・ライト』。

f:id:livaeal:20170420182619j:plain

「ロックの父」と呼ばれた伝説のシンガーの物語です。

 

1944年、アメリカのアラバマ州

オードリーと結婚して幸せな日々を過ごし、

カントリーシンガーとしても成功を収めていたハンク・ウィリアムス

公私ともに順風満帆に見える彼だったが、

オードリーもシンガーの夢を抱えていたことから

家庭内に不穏な空気が流れる。

やがて子供に恵まれたのを機に再び支え合う二人だが、

ハンクがスターとして活躍するほどに

オードリーとの溝が大きくなっていく。

その苦しみから逃げようと、彼は酒に溺れ、

ほかの女性と関係を持つようになる。

(2015年・アメリカ)

 

カントリー音楽がふんだんに織り込まれていて、

音楽はとても良かったです。

俳優陣も魅力的で良かったし、

時代観も表れていて申し分がないだけに…。

トーリーに抑揚がなかったからか、私が期待しすぎていたのか、

あんまり入り込めなかったのがとても残念でした。

 

波瀾万丈の生活であったことは間違いないはずなんだけど、

どこか全体的に淡々としている印象が拭えず、

ハンクの苦しみや痛み、悩みなどの深みが

あんまり描かれていないような気がしました。

 

私はハンク・ウィリアムスの存在自体知らなかったので、

知っている人だともう少し感情移入出来るのかもしれません。

音楽は良かったので、彼の曲は聴いてみたいと思います。

 


カントリーシンガー、ハンク・ウィリアムスのドラマ!映画『アイ・ソー・ザ・ライト』予告編

【DTM】ドラム打ち込みフレーズ(3) 8beat③

Guitar & compose

打ち込みで音楽を作るなら、まずドラムのフレージングを学ぶのが

いいと思います。

前回の記事はこちらです。

 

livaeal.hatenablog.com

 

前回に続いて8beatのバリエーションです。

下の段がキック、真ん中がスネア、上がハットです。最後の拍の高くなっている

ところはオープンハイハット

 

8beat(7)

 f:id:livaeal:20170422133155j:plain

パンク系のノリで8beatでキックとスネアを交互に叩きます。

速いテンポと遅いテンポでは感じが変わります。

わりとストレート・ポップな曲にいいでしょう。

実際に聞いてみましょう。

 

8beat(8)

 f:id:livaeal:20170422133209j:plain

ちょっと変わって2拍目にスネアが入らないパターンです。

少しリズムがひっかかるような、ちょっとジレる感じになります。

サビなどをストレートなビートにしてAメロなどに

このようなちょっと変わったリズムを採用すると

曲に変化ができます。

実際に聞いてみましょう。

 

8beat(9)

 

f:id:livaeal:20170422133225j:plain

スネアが入るところリムショットにすると

少し静かな感じになります。

バラードで使うのが定番ですが、1曲の中で

強弱や音の厚みで展開を作りたいときに

やはりAメロなどにリムのパターンを使ってみると有効です。

 実際に聞いてみましょう。

  また次回に続きますー。

ラブ&マーシー 終わらないメロディー

音楽映画

今回は『ザ・ビーチ・ボーイズ』のブライアン・ウィルソン

半生を映画化した作品『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』。

f:id:livaeal:20170419193402j:plain

私は『ザ・ビーチ・ボーイズ』の曲はちゃんと聴いた事がなかったので、

これを機に聴いてみたくなりました。

 

バンド『ザ・ビーチ・ボーイズ』の人気が過熱していた

1960年代のカリフォルニア。

うなぎ上りの人気とは裏腹に、新たな音楽を模索して

スタジオで曲作りに没頭するブライアンは、

新作へのプレッシャーによって精神的に参ってしまう。

それから二十数年、ブライアンはメリンダと出会ったことで…。

(2015年・アメリカ)

 

 ザ・ビーチ・ボーイズ』の絶頂期、音楽にストイックだった頃から、

精神的にどんどん追い込まれていく様、

そして精神的に病んでしまった頃もとてもリアルに描かれていました。

また、ブライアン役の二人が(個人的には特にポール・ダノが)、

そのストイックさをよく表現してて良かったです。

 

音楽は当時の曲が満載で楽しめるし、

カメラワークなどの演出方法も個性的で世界観に引き込まれます。

本当の助けとは?本当の自分とは?

何がそうなのか、どこにあるのか。

色々と考えさせられる部分がありました。

 

エンドロールではブライアン・ウィルソン本人の演奏があり、

内容が尚一層心に残ります。

どこでどんな出会いがあるのか分からないし、

些細な出会いが自分の運命を大きく変える事もあると

改めて感じずに得ませんでした。

 


「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」本予告

歌い手魂其の百六・Bruce Springsteen

歌い手魂

前回John Fogertyとの共演動画を紹介したので、

今回はBruce Springsteen

f:id:livaeal:20170406105020j:plain

アメリカを代表するロックン・ローラーで、

「The Boss」と呼ばれている大御所です。

 

力強い歌声とパフォーマンスが印象的なBruce Springsteen

まずは“Born to Run”を思い浮かべます。


Bruce Springsteen - Born to Run

 

元々バンドで活動していたそうですが、解散後にソロ活動を開始し、

1973年にレコードデビュー。

デビュー当時は「第二のディラン」というキャッチフレーズだったのは

かなり意外です(本人は気に入ってなかったそうです)。

最初の方はセールスが振るわなかったようですが、

地道なライブ活動を続けるうちに、

その圧倒的なパフォーマンスがどんどん評判を得ていったとか。

1975年リリースの3rd Album『Born To Love』が

ビルボードの10位にランクイン。

 

5th Album『The River』で初めてアルバムチャート1位を獲得。

その中から“Hungry Heart”。


Bruce Springsteen - Hungry Heart

 

1982年リリースの『Nebraska』はアコースティック・ギター

ハーモニカだけの宅録作品と言う事で、個人的には興味深いアルバムです。

タイトルになっている“Nebraska”のライブバージョン。


Bruce Springsteen - Nebraska - Legendado(2016)

 

1984年リリースの『Born in the U.S.A.』が大ヒット。

中でも“Dancing In the Dark”は4週連続で2位を記録。

(ちなみに、この時の1位はDuran Duranの「ザ・リフレックス」と

Princeの「ビートに抱かれて」だったそうです)


Bruce Springsteen - Dancing In the Dark

 

1993年にジョナサン・デミ監督の映画『フィラデルフィア 』の主題歌

“Streets Of Philadelphia”を提供し、アカデミー歌曲賞を受賞。


Bruce Springsteen - Streets Of Philadelphia

 

2001年のアメリカ同時多発テロ事件は大きな影響を与え、

沢山の追悼イベントに参加したり、事件に関した題材で

曲を作ったり、様々な活動をされています。

2009年リリースの“The Wrestler”がゴールデン・グローブ賞の主題歌賞を受賞。


(Official Video) Bruce Springsteen - "The Wrestler" (Long Version)

 

まだまだ精力的に活動を続けているBruce Springsteen

2014年には『High Hopes』をリリースし、

世界20ヶ国で1位を獲得したと言うのだから脱帽です。


Bruce Springsteen - High Hopes

 

最後にPaul McCartneyとコラボしている動画が面白かったので。

“I Saw Her Standing There”と“Twist And Shout”のハードロック版です。


Paul McCartney & Bruce Springsteen - I Saw Her Standing There & Twist And Shout

 

【ギター】【エフェクター】ファズフェイスの使い方。

Guitar & compose

どもdeeです。

 

f:id:livaeal:20170419154625j:plain

※dee所有のFuzzFaceと旧ジミヘンファズ。

 FuzzFaceは90年代の口のないモデルでNTK275というゲルマニウムトランジスタ

 搭載されています。バイアスがトリマで調整できるようになってます。

 旧ジミヘンファズ:JH-2SはFuzzFace。LEDを付けACアダプタをつけ

 低音がブーミーにならないように改良(?)されてますが・・・結果として

 ボリュームでのリニアな変化は控えめになってます。

 バッファを通っているのかアクティブピックアップでも音消えはしません。

 他にもシリコンのファズフェイスコピー、VoodooLabのBosstoneなんかも使ってます。

 

歪みの中でもファズというのは不思議な扱いです。

一般的に極悪に歪むイメージを持たれてますが、

ファズの定番ともいえるファズフェイスは

今時の音楽事情を考えるとそんなにゲインは高くありません。

同じファズの代表機であるビッグマフと比較しても

サウンドキャラクターが全然違います。

 

そんなファズフェイス、実際に試奏してみたら

低音がブーブーいって使えないな…なんて

印象を持ったことはありませんか?

 

使い方に独特なコツがあるので

今回はファズフェイスの使い方の記事になります。

 

トランジスタ:ゲルマニウムvsシリコン

 ファズフェイスのサウンドのキモは

トランジスタにあります。

そしてファズフェイスで使われるトランジスタには

ゲルマニウムとシリコンの大きく

2種類に分かれます。

 

元々トランジスタにはゲルマニウム

使用されてましたが、

実はゲルマニウムを使用したファズフェイスは

温度によってサウンドが変わります。

このサウンドの変化にはジミヘンも悩んでいたとか…。

 

後にその改善策としてゲルマニウムと比較して

安定動作するシリコントランジスタに置き換えられました。

 

ゲルマニウムとシリコンのサウンドの違いとして

ゲルマニウムのほうが繊細、

シリコンのほうがゲインが高めとなってます。

 

またゲルマニウムは極端に温度が

高かったり低かったりすると

サスティンのないブツブツとした元気のない音になります。

(雨の日にはいい音が出ないといった主張も聞いたことあります)

 

ゲインの調整とギターのボリューム

 

ファズフェイスを使う場合には

必ずギターの直後に挿します。

他のエフェクターやバッファなどを通すと

音が出なかったりします。

 

プリアンプを使っている

アクティブピックアップを搭載している

ギターもうまくファズフェイスが作動しなかったりします。

 

必ずパッシブピックアップを使用し

ギターのすぐ後にファズフェイスを挿し

他のエフェクターを併用する場合は

ファズフェイスの後にしましょう。

 

ファズフェイスのセッティング方法

 

いよいよ実際のセッティングです。

アンプはクリーン寄りのクランチセッティングで。

少し高音を上げ気味でパリっとしたセッティングがいいでしょう。

 

ギターのボリュームを最大、

ファズフェイスのボリュームは適量に

ゲインは一旦最大にします。

 

ファズフェイスは音量が小さいのでボリュームは通常エフェクターより

大きめになります。最大でも構いません。

 

ゲインが最大だと大抵はブーミーな低音が膨らんだサウンドになると思います。

そこでファズフェイスのゲインを下げてみましょう。

ある程度下げるとゲインは確保されながら

抜けが良くなるポイントがあります。

そこが今日のあなたのギターのスウィートスポット。

目的の抜け感は日々の状態によって違いますので毎回、探しましょう。

 

ファズフェイスのゲインは、トーンの役割も持っていると理解すると

解りやすいです。

ゲインはこの方法でセッティングすると

それ以上上げることが出来ません。

 

もっとゲインを上げたい場合はアンプのボリュームを上げると変わります。

 

 

次にギター側のボリュームを下げてみます。

ギターのボリュームによって歪み具合が変わるのを実感できるかと思います。

ボリュームの調整によってクリーン~クランチ~リードまで

リニアに変化が実感できるようにセッティングしましょう。

 

ファズフェイスを通したクリーンサウンドは「鈴なり」と呼ばれています。

ストラトとのコンビネーションで「シャリーン」とした

ジミヘンのようなクリーントーンを得ることができます。

 

最後に

 一度ファズフェイスのリニアな歪みにはまると

ギターを弾くのが楽しくて仕方ありません。

 

さらにマニアックなセッティングとして内部のトリマの変更があります。

ヴィンテージはともかく最近のファズフェイス系は

トランジスタのマッティング(バイアス)を調整するために

トリマが内蔵されていることが多いです。

こちらのセッティングで音が変わるのでセッティングしてみるのも

いいかと思います。

セッティングによってはブチブチとしたバランスの崩れた音になるので

デフォルトのセッティングを写メに撮ってから作業しましょうw

 

映像はStevie Ray VaugjanのVoodoo Chile。

89年から90年にジミヘンの曲をやるときSRVはFuzzfaceを使っていたそうです。

ちょっと抜けが悪かったのか少しゲインを下げているような

仕草が曲の最初のほうにあります。

 

youtu.be