SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

アコースティック

今日は原宿クロコダイルでLIVEですよ!!
START19:30、うちらは20:30なので
まだ間に合いますよっっ!!

ライブでもこのしりとりブログは休みませんっビックリマーク
(さっきパソコンの操作間違えて記事が全部消えたんで
 ちょっと挫けそうになったけど、負けない私っ)

今回は「た」か「あ」で回って来て、
LIVEと言う事も相まって
「アコースティック」にしました。


前回Deeさんが元々エレキギターをやってたと書いてましたが、
私も元々バンドでバリバリやってました。

髪の毛立てて頭振ってはジャンプしながら
ダイブして叫んでました。
(どこまで嘘か本当かは置いといてw)


じゃあ何でアコースティックでやってるの?


それは、最初は単純に「動きやすいから」でした。

バンドはメンバーが何人かいる。
アコースティックユニットは二人でいい。

メンバーが多い程スケジュール調整は難しくなるし、
メンバーを集めるのも大変だし、
活動場所も制限される…

「歌う場所」がとにかく欲しかった私は、
バンドを解散してからと言うもの、
「ユニット」として活動できる
ギタリストかピアニストを探しました。

関西にいた時も何人かの方と一緒に
やらせて頂きましたが、
東京に来て最初に会って合わせて早々に組んだのが
Deeさんで、このLivaealとなったのです。

そして何のかんので4年。

バンドをやりたい気持ちは
きっとお互いあると思いますが、
アコースティックの奥深さに気付かされた部分も
それぞれに多々あります。

アコースティックユニットの最大の特徴、
それは武器でもあり、難点でもありますが、
「裸一貫にされる」と言う事ではないでしょうか。

例えば歌に関して言えば、
ちょっと音程が外れたとして、
バンドでは上手く周りがフォローしてくれてた所が
ユニットでは「ほとんど丸裸」になってしまう。

だからこそ
お互いが自分自身の腕を磨く事が
とても大事になってきます。

また、最近はカバーにも力を入れてますが、
「アコースティックユニットで出来そうな曲」を
探すのも中々難しいものです。
「本当はこの曲がやりたいのに」
「本当はこういう曲がやりたいのに」

そういう思いもそれぞれ持ってると思います。

世間が持つ「アコースティック」のイメージも強く、
「アコースティック」だけではやはり足りない部分も多いです。

でも、そこをどう切り抜けるか、
それを考えて表現して行くのも楽しい作業であります。

Deeさんはパーカスギターを弾いてくれます。
(これについても前回Deeさん自身語ってましたが。)
それは単なるユニットでは出来ない“幅”だと思います。

また、私はDeeさんに「立って弾いて欲しい」と言う
要望を出しました。
繊細さが必要なのは分かっての上での事です。

何だろう、
とにかく既存の「アコースティックユニット」でない
「私達らしさ」を追求したいなと思っての事ですが。

まだまだ、模索中であることは胸張って言えます!!

アコースティックについての熱は
また別の機会でも話す事があると思うし、
それは私だけではないはずです。

と言う事で、今日は、
模索中だけど今のBESTを魅せますっ!!
まだ間に合いますよ、原宿クロコダイル
お一人でもお二人でも、生の私達を観て欲しいです!!


と、と言う事で、次は「く」でパー

悠久子



─── /| ─────────────────────
── //| ─ 卜、─────過去の記事はこちら
── |   | ─ |ヽ ────Livaealの無料動画をチェック!
──_|  (ノ─ _| 丿───
─ (ノ──  (ノ ───